奥さんのクルマ選び【2】

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 20:49

 

価格も燃費も大差ないし、

奥さんの使用用途を考えると、パワーが必要な訳でも無いので、

結局は、デザインの好き嫌いで決める事にしましたぁ〜!(^○^;)

 

先ずは、アルトです。

 

非常にシンプルなデザインで、好き嫌いが別れると思いますけど・・・

わたし的には好きではありません。(^_^;)

 

全く個人的な感想ですが、

カッコ悪いし、安っぽいです。↓

 

alto.png

 

一方、ミラ・イースは、

トヨタの最近のトレンドを踏襲したデザインで、

1クラス上、1000ccくらいのクラスの車格というか、高級感を感じます。↓

 

mira.png

 

次に、車内です。

 

アルト

alto_インテリア.png

 

ミラ・イース

mira_インテリア.png

 

先ずは、インパネ・ダッシュボードです。

 

アルトは、外観と同様にシンプルでオーソドックスというか、

ノッペリとした印象です。↓

(メーカーサイトに、Lグレードの画像が無かったので、カタログからスキャンしました。以下、同)

 

alto_ダッシュ.png

 

ミラ・イースは、斬新と言うか立体感があって、高級感もあります。↓

 

mira_ダッシュ.png

 

スピードメーターが、アルトは丸型のアナログで、ミラ・イースはデジタルですが、

わたし的には、前方を見ている時に視野のすみにちらっと見えるメーターの針の向きで、

大体の速度が直感的に分かるアナログの方が好きですが、

奥さんが乗る事を考えれば、デジタルでもいいかな?と・・・(^_^;)

 

次に、シートです。

 

アルト

alto_シート.png

 

ミラ・イース

mira_シート.png

 

運転席と助手席のシートは、アルトの方が若干、バケット風で、ホールドが良さげですね。

 

リヤシートは、両車ともにLグレードはバックレストがありません。

 

まぁ、後ろに人を乗せて走る機会は、ほぼほぼ無さそうなので、

むしろ、後方の視界を邪魔しないので良いと思います。(^_^;)

 

ちなみに、カタログ上の「室内長」は、

アルトもミラ・イースも、リヤシートにヘッドレストが付いている上級グレードの方が、

バックレスト無しのLグレードより若干長い数値になっています。

 

これは、「室内長」の計測が、リヤシートの背面上端の前側ではなく、

何故か?シートバックの後ろ側までになっているからで、

上級グレードはバックレストの後ろ側までの長さになっているからです。

 

なので、実際の室内長の数値はアテにならないので、

実車に乗ってみて確認する方が良いと思います。

 

ちなみに、ミラ・イースだけですが、実車に乗ってみました。

身長180cmの私が、運転席のシート位置を合わせてから、

リヤシートに座ってみると、

頭上は殆ど余裕がありませんでしたが、足元は窮屈な感じはありませんでした。

 

運転席は、勿論?頭上に余裕があり、不自然に窮屈な感じはありません。

 

【続く】

奥さんのクルマ選び

  • 2019.02.17 Sunday
  • 18:12

 

奥さんが、昨年の年末にクルマ事故に遭った事は掲載しましたが・・・(^_^;)

奥さんが自動車事故に・・・

 

事故相手の保険会社のJA共済からは、

事故直後に、担当するとの電話があったきり、

その後、事故から1か月半以上経過しても、何の音沙汰もありません・・・(−_−;)

 

とは言え、事故の日からずっと代車を借りたままで、

前のクルマは全損なので、

奥さんの新しいクルマを買いました。

 

奥さんのクルマの用途は、

往復で3km程度のパートの職場への通勤程度で、

しかも、パート先がショッピングプラザの一角の中堅?スーパー(チェーン店)なので、

日常のお買い物などの用事は、ほぼほぼそこで済んでしまうので、

年間の走行距離は1,000kmに満たないという状況・・・(^○^;)

 

なので、以前から、維持費が安い軽自動車でイイんじゃね?

と話していたので、

今回は、軽自動車を買う事にしました。

 

とは言え、

軽自動車と言っても、

軽としては別格のホンダS660なんかは除いても、

車両価格が200万円を超える様なモデルもあり、ピンキリです。(^_^;)

 

しかし、奥さんの使用用途から考えても、

特に、モデルにこだわりがある訳でも無く、

殆どが、一人での通勤用途なので、

諸費用込み100万円程度の予算で検討しました。(^○^;)

 

中古(新古、登録車)も考えましたが、

高年式で程度が良くて、諸費用込みの乗り出し価格で考えると、

新車を買うのとそれほど価格差が無く、

同じ価格で少し上のグレードが買える程度の差の様です。

 

であれば、ボディ色を自由に選べるなど、新車を買う方が良いかな?・・・と。

 

で、そうなると、ほぼほぼ選択肢は絞られて・・・(^_^;)

 

ダイハツの「ミラ・イース(トヨタ ピクセス・エポック、スバル プレオ+が同型車)で

車両価格 874,800円〜(ビジネスモデルを除く)か、

スズキの「アルト」の 847,800円〜(バンを除く)といった辺りです。

 

で、両車の最安グレード(2WD)の「イース」と「アルト」で比較すると・・・

 

実は、価格は車両価格だけでは単純に比較できません。(^○^;)

 

エコカー減税』の対象ランクによって、

取得税重量税自動車税減税率が異なりますし、

新車登録時のリサイクル費用も違います。(^_^;)

 

また、アルトのFグレードはCVT車が無く、自動変速の5AGSか、5速マニュアルとなるので、

Fグレード5AGS車との比較と、

CVT車(エネチャージ搭載)のLグレードとも比べてみます。

 

【価格比較】

項目 イース L

アルト F

ミラとの差

アルト L

ミラとの差
車両価格(税込) 874,800円 847,800円 -27,000円 894,240円 +19,440円
変速機構 CVT 5AGS CVT
取得税 全額免除

60%減税

5,700円 全額免除 0円
重量税 全額免除

75%減税

1,900円 全額免除 0円

自動車税

(登録翌年度)

50%減税

(5,400円)

25%減税

(8,100円)

2,700円

50%減税

(5,400円)

0円
リサイクル費用 7,430円 7,790円 360円 7,790円 360円
車両+税金 882,230円 871,290円 -10,940円 902,030円 +19,800

 

↑この様に、新車登録時の諸費用を含めると、

アルトのF1万円ほど安くLグレードでは逆に2万円ほど高いという事になります。(^_^;)

 

まぁ、この程度の差額だと、

オプション価格の違いや、値引き額などで、

ほぼほぼ、差額を気にする意味が無さそうです。(^○^;)

 

で、上記の車両+税金自賠責保険料36ヵ月(34,820円)と登録届出費用(1,100円)と、

多少のオプション費用(床マットやサイドバイザーなど)を加算しても、

予算の100万円に収まりそうですぅ〜!o(^0^)o

 

ちなみに・・・

 

現在契約している任意保険は、

私のヴィッツや、奥さんのカローラワゴンで、

対人対物無制限(車両保険無し)で、年額 1万3千円ほどなのに、

登録全車両強制加入自賠責は、

対人のみの保証で、死亡3,000万円怪我120万円なんていう超ぉ〜チープな補償内容で、

年額15,130円(軽自動車)って、どれほど儲け主義やねん!凸(▼_▼#)

 

 

さて、次は仕様・性能などで比較すると・・・

 

車両価格 90万円以下最安グレード!

ミラ・イース L と、アルト Lでも、

DOHC・VVT(可変バルブタイミング)や電子制御燃料噴射(ミラ・イースはデュアルインジェクタ)のエンジン、

減速時の回生(充電)制御や停車前から作動するアイドルストップ

横滑りや発進加速時の空転防止などのトラクションコントロールABSどが標準装備になっていますぅ〜!o(^0^)o

 

逆に?

それぞれの上級グレードとの差を見ると、

電動ドアミラーで無い、リヤサイドウィンドウとバックウィンドウがプライバシー(スモーク)ガラスでは無い

タイヤ(ホイール)サイズが、上級グレードは14インチで、Lグレードが13インチ

などが、両車同様に、上級グレードとの主な差になっています。(^_^;)

 

で、その他の基本的な部分の性能を比較すると・・・

 

【仕様・性能】

項目 ミラ・イース

アルト F

ミラとの差

アルト L

ミラとの差
JC08燃費 35.2km/L 37.0km/L 1.8km/L 37.0km/L 1.8km/L
変速機構

ロックアップ

CVT

5速自動変速

5AGS

副変速機

CVT

最高出力

KW(PS)/rpm

36(49)

/6,800

36(49)

/6,500

±0

/-300

38(52)

/6,500

+2(+3)

/-300

最大トルク

N・m(kg・m)/rpm

57(5.8)

/5,200

58(5.9)

/4,000

+1(+0.1)

/-1,200

63(6.4)

/4,000

+6(+0.6)

/-1,200

 

カタログ値での比較では、

アルトはWLTCモード記載が無いので、JC08モードのみの比較になりますが、

燃費はアルトの方が若干良い様で、

エンジンパワーも、アルトの方が高出力で、低回転から高トルクな特性です。

 

まぁ、スズキの公称値がどれくらい信用できるのか?・・・ですが、(^○^;)

 

実際の燃費や走りは、

「オートックワン」の

『新型ダイハツ ミライース実燃費レポート|80kgの軽量化は実燃費にどう影響したか?徹底評価!』

https://autoc-one.jp/nenpi/3374782/
↑で、880kmを走行した結果を踏まえた、アルトとの詳しい比較レポートが載っています。

 

こちらのレポートを見ると、

ほぼほぼ、カタログ値を反映した様な結果が出ている様です。

 

ザックリとした印象では、

やはり「走りと燃費」はアルトが優位の様ですが、

燃費の差は、走行条件などを加味すると、

筆者の感覚では大差ないとの事。(^_^;)

 

逆に、アルトが走りと燃費で優位性を出している要因として、

副変速機」の効果が効いているとの事ですが、

この副変速機の動作がギクシャクした違和感があるとか・・・

 

一方、ミラ・イースの燃費向上機構としての「ロックアップ」の、

作動タイミングが早い(回転数・速度が低い)事で、

ハーフスロットルでゆっくり加速した際に、

30km/h辺りで加速がドロップするという現象があり、

これが逆に燃費を落とす要因にもなっている?との事。

 

つまり、加速時にアクセルをもう少し踏み込んで、

ロックアップする速度を上に上げてやる事で、

加速感も燃費も向上するらしい?(^_^;)

 

ちなみに、60km/h定地走行の様なシチュエーションでは、

ミラ・イースは 40km/L 以上の驚異的な平均燃費を叩き出すそうな。(^○^;)

(同様な条件でアルトは 30km/L 程度)

 

走行時の車内の快適性では、

アルトがダイレクトにショックが伝わるスポーティー寄りで、

ミラ・イースはソフトで、遮音性も高く、乗り心地が良さそうです。

 

【続く】

関越道三好PAにて

  • 2019.02.11 Monday
  • 09:31

 

どれほどワガママやねん!
それとも、ただのヘタクソ?


いずれにしても神経を疑いますね。

こんな人間が高速道を運転していると思うと恐怖以外の何物でもないです・・・(−_−;)


ちなみに、運転席に人が乗っていて、スマホをいじっていましたが、
高齢者でも女性でもありませんでした・・・

 

三芳PAにて_2.jpg

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第41回:見た目の光源の軌跡【v=2c】
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
Assault 450L Kit (Hobby King)
150802_2.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM