Phantom 4 捜索編【3】

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 18:11

 

MAVIC 2 Zoom」 が到着したので、

Phantom 4 が墜落した辺りを空から捜索しようと思い・・・

 

思えば、Phantom 4 を購入した際も、

Phantom 4 で、暴走して墜落した UP Air ONE の捜索をしたので、

新しいドローンの最初の使命は、墜落した前のドローンの捜索?(^○^;)

 

ですが、

桜まつり」の期間は、桜公園から展望台の下の登山道入り口までの、

寺沢林道」が車両通行止めです。

 

なので、桜公園から登山道入り口まで歩いて行かなければなりませんが、

MAVIC 2 Zoom と Phantom 4 の2機を背負って、

あの険しい斜面を登り降りするのは厳しそうですぅ〜(^○^;)

 

で、林道の車両通行止めが解除されてから捜索しようと予定していたのですが・・・

 

車両通行止めの最終日の夜、天気予報では『』になってしまいましたぁ〜!(;_;)

 

Phantom 4 が雨に濡れるのもマズいですが、

雨の後に、捜索に山に入る方がヤバそうです。(@_@;)

 

で、最終日の当日、市の観光課へ電話すると、

桜まつりは終わっているので、林道に入れるハズです。

という返事。o(^0^)o

 

でぇ〜、桜公園へ行くと・・・

やっぱり、車両通行止めのまま。(;_;)

 

そこで、管理棟?に行って、

事情を説明したところ、

市の観光課に連絡済みなら通行して良い」と、許可を貰いましたぁ〜!\(^○^)/

 

という事で、

クルマで登山口入口まで行って、

先ずは、MAVIC 2 で展望台から捜索フライト!o(^0^)o

 

途中、墜落した日に遭ったご婦人と再会!(^○^;)

 

でぇ〜、展望台から MAVIC 2 Zoom を飛ばして、

墜落地点の辺り周辺を空撮。

 

・・・が・・・

 

間に合わせに、クルマのドライブレコーダーのmicroSDカードを、

MAVIC 2 Zoom に入れて飛ばしたのですが、

ドライブレコーダーは、常時上書きで、空き残量が無い事を忘れていましたぁ〜!(^○^;)

 

結局、録画できておらず

録画されて無いので、

モニター側の記録もありません〜・・・(T_T)

 

帰ってから気づいたのですが、

実は、MAVIC 2 には、8GBの内蔵ストレージがあるので、

SDカードを挿さなければ録画できていた事になりますぅ〜(^○^;)

 

ちなみに、飛行記録(フライトレコード)は残っています。↓

 

190515_1.png

 

仕方が無いので、「ドローンを探す」機能で、

展望台を中心に、登山道を大峰山山頂方向へ移動したり、

登山口入口方向へ戻ったりしながら、

再度、墜落地点の距離と方向を確認してみました。

 

モニタ画面の1マスの距離は、何の単位なのかわかりませんが、

国土地理院の地図と比較したところ、

どうやら、1マス=16m位みたいです。

※.100分の1マイル(1マイル=1,609.344m)かな?

 

下の画面の場合、14マスくらいなので 14×16=224m で、

飛行記録とほぼ一致します。

 

190515_2.png

 

展望台より山頂方向の登山道は、距離は同じ程度で回り込む感じですが、

墜落地点へは斜面が急で降りられそうもありません。(^_^;)

 

展望台から登山口入口方向へ戻ると、

距離は離れて行きますが、斜面は緩やかになります。

 

190515_3.png

 

なので、途中の吉平観音」のお堂の裏辺りから斜面を降りてみる事にしました。↓

 

190515_4.jpg

 

暫くは、比較的緩やかなくだり斜面だったのですが、

沢の水の音が聞こえるくらいになって、

その先は突然、断崖絶壁の急斜面になっていて、

そこを降りるのは危険だと判断して引き返すことにしました。(^_^;)

 

・・・が・・・

 

急な斜面の場合は、兎に角、上に向かって登れば戻れるのですが、

緩やかな斜面の場合、下りと登りで距離感が違うので、

歩いている内に、どっちから来たのか解らなくなりますぅ〜(@_@;)

 

やっと案内標識(立札)を見つけたと思って行ってみると、

ただの枝だったり!(爆)

 

こりゃマズいぞ!

 

と、思いながら、何とかお堂まで戻って来ました。(^○^;)

 

で、展望台から捜索に下りるのは無理と判断して、

裏道?の「大沢林道」側から捜索する事にしました。

 

前回、斜面を登って、眼下に見える沢(谷底)に恐怖した、

その沢から近付いてみる事に。

 

で、沢を登って行くと、展望台からよりもかなり近い事が判明!

下の画面の場合で、5マス位なので  80mです!↓

 

190515_6.png

 

しかし、最も近づいた場所から、墜落地点方向は急斜面!

既に、山の中をかなり歩いて、体力気力も限界に近いので・・・

ん〜〜〜、登る気力が湧きません〜〜〜(;_;)

 

190515_7.jpg

 

という事で、この日も取り敢えず諦めて帰りました。(^○^;)

 

【続く】

Phantom4 が墜落した時の飛行記録動画

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 21:35

 

Phantom4 が墜落した時の「飛行記録」(フライトレコード
の動画を掲載します。
飛行ルート、機体の向きの他、
GPS衛星捕捉数・飛行距離・飛行時間・高度・距離・水平速度・垂直速度
バッテリー残量・飛行可能残時間、表示されたアラームメッセージが
リアルタイムに表示されます。
飛行可能残時間バーで左右に移動する「H」マークは、
その時点の位置で、バッテリー残量から強制RTHが起動する残り時間を現わしています。
ちなみに、離陸時の「高度30m」は、
離陸地点の高度ではなく「RTH 高度」で、
RTH時の帰還高度で、離陸地点との相対高度です。
離陸地点は、国土地理院の地図によると標高約260mで、
大沢林道の先の谷底との高度差は約100mです。

 

 

Phantom4 捜索編【2】

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 18:39

墜落した Phantom4 は諦めて、

MAVIC 2 Zoom を購入した訳ですが・・・

 

気がかりなのは、

山中に、分解されて土に還る事のないドローンというゴミを廃棄してしまった事ですぅ〜(^_^;)

 

なので、

出来る限り、回収する努力はしてみようと・・・(^○^;)

勿論、万が一にでも、無事に回収できるに越したことがありませんが。(^○^;)

 

という事で、

墜落時の飛行記録を良ぉ〜く見て見ると・・・↓

 

190514_1.png

 

↑サクラ樹林は離陸地点から東側に広がっていて、

 墜落地点は、ほぼ真東に 223m の地点です。

 

で、今年、サクラ樹林を撮ろうとした3回の飛行記録を重ねてみると・・・↓

 

190514_2.png

 

↑私が想像していた位置関係と、大きく異なる事が判りました。(^○^;)

 

最初に行ったのは、

大沢林道の終点から沢に沿って谷を行って、

そこから左手の斜面を尾根近くまで登ったのですが、

そこは、サクラ樹林手前では無くて、

サクラ樹林のど真ん中で、

そこから南方向にフライトした訳ですぅ〜(^○^;)

 

で、2度目は、奥さんと探検した沢ですが・・・

1回目に行った沢を更に南方向に行って、

そこから東側に飛ばした事になります。

 

つまり、

1回目と2回目に行った、

大沢林道の先のルートは、

サクラ樹林通り過ぎていた訳ですぅ〜(^○^;)

 

という事は、

Phantom4 の墜落地点は、

大沢林道の終点に、かなり近い位置という事になります!o(^0^)o

 

3回の飛行ルートと、国土地理院の地図を重ねると、こんな具合です。↓

 

190514_3.png

 

でぇ〜、

墜落した翌日に、

大沢林道コースで、Phantom4の捜索を行いました。

 

ドローンを探す」のモニタ画面を見ながら、

墜落地点への最短距離

つまり、墜落位置が真横になる場所まで沢沿いに進んで、

そこから、墜落地点へ向かって真っすぐに進んでみました。

 

目の前は、急峻な斜面で、

そこを登って行くと、

その先は、あまりに急なので、

斜面に沿って回り込むように横に進みながら登って行ったのですが・・・

 

190514_4.jpg

 

木の枝に掴まっていても、ただ立っているのも厳しい斜面で、

眼下には沢が流れる谷底が見えて、

ここから滑落したら、命が危ない!

仮に、足をねん挫しただけでも、動けなくなって遭難してしまう・・・

 

そんな恐怖感で足がすくんで・・・

 

このコースは諦めて戻る事にしましたぁ〜(^○^;)

 

【続く】

Phantom4 捜索編【1】

  • 2019.05.12 Sunday
  • 20:22

 

突然、送信機のモニター画面がブラックアウトして、

信号強度が”0”となり、

英文で、何やら表示され・・・

 

RTHも反応しません〜(;_;)

 

DJI GOアプリの「ドローンを探す」機能を起動すると、

ほぼ真正面↓

 

190512_1.png

 

フライト記録を見ると、

223.4m先(ほぼ真東)の、47.7m下・・・↓

 

190512_2.png

 

離陸地点の展望台の前は、断崖の急斜面で、とても下りれそうも無いので、

どこか下に下りれそうな場所が無いか探して・・・↓

 

190512_3.jpg

 

↑実際には、写真で見るより、下へ行くほど急になっているのですが・・・(^_^;)

 

取り敢えず、送信機のモニターに「ドローンを探す」画面を出しっぱなしにして、

斜面を降りてみました。

 

斜面は、落ち葉に覆われていて、

木の枝につかまりながらでも、滑り落ちそうになりながら・・・(@_@;)

 

やがて、展望台の下の沢まで降りたのですが・・・

送信機モニタiPad mini2)が GPS信号 を受信できなくなって、

画面から消えてしまいましたぁ〜(;_;)

 

恐らく、この沢の向こうの斜面(山)の辺りだと思うのですが、

こんな原生林みたいな樹林起伏の山中で、

自位置が判らないのでは、すぐそばまで行っても見つからないでしょう。

 

たとえ、見つかったとしても、

ドローンを片手に持って、

今降りてきた斜面を登る事は不可能だと判断して、

引き返す事にしました。

 

・・・が・・・

 

下りるには何とか下りてきた斜面ですが、

登ろうとすると、シャレにならないほどキツイですぅ〜!(@_@;)

 

登っても登っても、斜面は続き・・・

息は切れて、心臓はバクバク、喉はカラカラ、

かみさんが心配して待っているだろうと、気持ちばかりが焦るのですが、

あ〜、もぉ、ダメかもしれない・・・」と、本気で思いましたぁ〜(^○^;)

 

・・・と、

やっと、登山者の鈴の音が聞こえてきて、

あ〜、ここまで来れば、いざとなったら大声を出せば助けて貰える!

と、

最後の気力を振り絞って、

何とか山道までたどり着きましたぁ〜(^○^;)

 

で、体力・気力も限界なので、

この日は、取り敢えず帰る事にしました。(^_^;)

 

【続く】

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM