B型肝炎訴訟【4】

  • 2019.04.06 Saturday
  • 18:13

 

B型肝炎訴訟が和解になる時には、事前に弁護士から連絡が連絡が入る事になっていて、

私の原告番号の辺りが和解となる回の訴訟の前日に弁護士から電話があったので、

てっきり和解の連絡だと思って電話に出たのですが・・・

 

な、何と!

 

追加資料提出の要求が来たとの事。

 

今頃、このタイミングでっ!?

 

いやいやいやいや、

いくら何でも、前日になって追加要求ってへんでしょ!(−_−;)

前日になって初めて資料を精査するハズも無く、

連絡を遅らせて、明らかに時間稼ぎって魂胆が見え見えですぅ〜!(▼_▼#)

 

しかも、その内容も、

難癖というか、

初めから存在するハズの無い資料と言うか、

これも、明らかに時間稼ぎ以外の何物でもない要求です!凸(▼_▼#)

 

というのも、

最初にB型肝炎キャリアだと判明した時のカルテか診療記録を提出せよ

という内容でした。

 

最初に判明したのは、大学病院で献血しようとした際の事前検査ですが、

私は、大学病院にかかっていた訳ではなく、

知人の親戚の子供が心臓手術するというので、

その献血に行った際の事です。

 

ですから、大学病院の診察券を持っている訳でもなく、

検査結果は紹介状と共に、地元の県立病院に渡っている訳で・・・

 

なので、大学病院には「カルテ」や「診療記録」などある訳がありません!(−_−;)

 

しかし、

異議申立て」を行うと、

却って時間がかかるだろう・・・という事で、

 

仕方が無いので?

結局は、大学病院に「調査依頼」を提出して、

カルテも診療記録も存在しない』という証明書を発行して貰いました。

 

で、その当時、

資料の追加提出を行うと、

そこから更に、和解まで半年から1年程度長引くとの事で、

昨年の秋から今年の春ごろまで待たされることを覚悟する事になりました。

 

【続く】

B型肝炎訴訟【3】

  • 2019.03.28 Thursday
  • 20:26

 

B型肝炎訴訟の準備に6か月かかって、ようやく提訴にこぎつけた訳ですが・・・

この訴訟には、不安要素がありました。

 

それは、『20年の除斥期間』です。

 

無症候キャリアの場合は、感染から20年、

慢性肝炎の場合は、発症から20年を過ぎると、

排斥、つまり「時効」になってしまいます。

 

そもそも、

私の場合で、感染は60年近く前の話で、

現在、治療を行っている事に対する賠償に、

時効があるというのも、全くおかしな話なんですが・・・(−_−;)

 

で、拡散アナログ製剤による治療を開始したのは10年ほど前なのですが、

 

最初に肝機能の数値が悪化したのが25年ほど前なので、

この時点で「発症」とみなされると、

時効となってしまうのです。(;_;)

 

まぁ、治療を開始した時点で「発症」とするのが妥当だとは思うのですが・・・

多少の不安を抱えながら、和解までの半年間を待っていました。

 

・・・が・・・

 

丁度、その頃から、

弁護団に加盟していない弁護士事務所が、テレビでCMを流し始めました。

 

弁護団が長年をかけて、裁判や国との交渉を続けて勝ち得てきた裁判条件なのですが、

この基準に則れば、弁護団に加盟しない一般の弁護士事務所でも訴訟が可能なのです。

 

これによって、訴訟数が激増したせいか?

調停ごとの和解数が激減し始めて、

和解までの期間が長びいて、見通しが立たなくなってしまいました。

 

ちなみに、

弁護団経由で訴訟を起こした場合は、

賠償金に対して、弁護士報酬15%

弁護団に1%、原告団に1%17%が費用として発生します。

 

一方、テレビでCMを流している弁護士事務所、

例えば、アディーレの場合は、

弁護士報酬が12%(税別)+実費費用 となっています。

 

実費費用がいくらになるのか判りませんが、

弁護士報酬は税込み12.96%です。

 

例えば、慢性肝炎の場合、賠償金が 1250万円(+弁護士費用4%:50万円)なので、

弁護団経由では、212万5千円となり、

アディーレの場合は、162万円(+実費経費)なので、

50万円ほど割安になります。

 

言葉は悪いですが、

いわば、タダ乗り組!?の急増で、

弁護団経由の原告の、和解までの期間が延び延びになってしまった訳です。

 

結局、元々の予定から1年間も長引き、

訴訟から1年半後の、昨年の3月には、

和解に至る原告番号が、私の番号辺りになり、

ようやく、和解になると思っていました。

 

・・・が・・・

 

【続く】

B型肝炎訴訟【2】

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 21:37

 

この「拡散アナログ製剤治療」の受給者証は、

毎年更新しなければならないのですが、

3年前の更新時に、受給者証に厚生労働省のパンフレットが同封されていました。

 

それには『あなたも対象者かもしれません』と大きく書かれている、

B型肝炎訴訟の案内でした。

 

そのパンフレットは見当たりませんが、

弁護団のパンフレットはこちらです。↓

 

パンフレット.png

 

そこに書かれていた連絡先「B型肝炎訴訟弁護団」に連絡して、

弁護士を紹介され、

訴訟の準備を始める事になりました。

 

私の母が亡くなったのは、当時でも35年ほど前の事で、

生前、肝炎ウィルスキャリアだという話は聞いたことが無く、

肝炎を患った事もありませんでしたが、

35年以上前のカルテや診療記録は残っていないと思いますし、

もしあったとしても、キャリアで無かったという証拠にはならないでしょう。

 

一方、幸いな事に、

私が生まれた時の「母子手帳」が残っていました。

 

母子手帳.png

 

母子手帳には、予防接種の記録が全て残っていて、↓

 

予防接種_1.png

 

それらの「接種済証」も残っていました。↓

 

予防接種_2.png

 

という事で、

サクっと訴訟手続きをして、賠償金を受け取れると思っていたのですが・・・

 

意外と手こずったのは、訴訟用の「担当医の診断書」でした。

 

県立病院では、医師の転勤?があるので、

その時点で私の担当医は、私に治療を開始した医師から、何代も代わっていました。

 

また、診断書の請求は、窓口の担当職員が相手なので、また聞きの情報になり

医師と直接話をする機会が、4か月ごとの診察日以外にありません。

 

で、申請してから1か月ほど経って、窓口に確認すると、

先生が「診断書は必要ない」という回答です』との返事・・・

 

窓口担当者に説明しても、

これ以上の回答はできません」の一点張り!(−_−;)

 

仕方が無いので、弁護士から更に詳しい内容の「診断書依頼」の文書を作成して貰い、

再度、申請したのですが・・・

 

1か月後の回答は、

やはり「診断書は不要」という回答・・・(−_−;)

 

医師としても、国に対する訴訟に係わるのが嫌なのか?

訴訟の知識自体が不足なのか?

 

何にしても膠着状態なので、

弁護士が医師に直接連絡して説明して貰う事にしました。

 

結局、医師の診断書を入手するのに3か月も要してしまいました。

 

これでやっと訴訟に持ち込めるかと思ったら、

今度は、母と血縁のある、私ののB型肝炎感染検査の結果が必要との事・・・

 

実は・・・

 

私は、戸籍上一人っ子の長男なんですが、

血縁上は、6人兄弟の末っ子です。・・・((((^_^;)

 

その内、2人は私が生まれる前に亡くなっているので、

面識があるのは3人です。

 

兄弟で「面識」というのもヘンですが・・・(^_^;)

 

再婚の父と、再々婚の母との子供は私一人で、

父の先妻(病死)の子の(私の20歳年上)と

母の最初の結婚相手との間に(私の16歳年上)、

母の2度目の結婚相手(戦死)との間に(私の12歳年上)がいて、

 

実際、一緒に暮らしたことがあるのは、

一番歳が近い兄(・・・と言っても12歳年上)ですが、

物心がついた頃から、小学校に入学する前までの数年で、

私が小学校に入学すると、

兄は大学入学で家を出てしまったからです。

 

で、その兄は、数年前に亡くなっていましたが、

母方の血縁がある姉が健在だったので、

姉に検査を受けて貰い、

非感染者であることが証明できました。

 

これで、訴訟準備が整い、

弁護団に連絡してから半年後3年前の9月に訴訟の運びとなりました。

 

それでも当時は、半年もすれば和解が成立するとの事だったので、

翌年の春には賠償金が受け取れると思っていたのですが・・・

 

【続く】

B型肝炎訴訟【1】

  • 2019.03.24 Sunday
  • 18:47

 

この話を掲載するかどうか、迷いましたが・・・

 

どなたかに、何かしらのお役に立てたらと考えて、掲載する事にしました。

 

そもそもの発端は、今から30年ほど前・・・

 

知人の親戚の子が、心臓の手術をするという事で、

献血の協力をするために、大学病院へ行った際の事です。

 

献血の予備検査で「あなたは献血できません」と告げられ、

その理由は、私がB型肝炎ウィルスのキャリア(感染者)だと言うのです。

 

青天の霹靂と言うのは正にこの事で、

私は健康状態も問題なく、

輸血を受ける様な怪我も、大病も患ったことはありません。

 

大学病院から地元の県立病院への紹介状を受取り、

その後は、地元の県立病院で経過観察をする事になりました。

 

担当医が言うには、

「これほどのウィルス量が体内にあるのに、

 健康(肝臓)に問題が出ていないのは、

 おそらく、母子感染幼児期に感染したものと考えられます。

 

そう言われて、

私が産まれた時の話を思い返しました。

 

私が産まれたのは、北海道の山の中の炭鉱町です。

 

私の母は、私がお腹の中にいた時に胃潰瘍を患って入院、

食事も摂れなくなって、点滴で命を繋いでいたという事です。

 

で、早期破水・陣痛微弱で帝王切開によって生まれました。

 

当時、北海道の山奥の炭鉱町の病院では、保育器など無くて、

6人部屋の病室の暖房を全開にして、

同室の患者さんたちは、赤ん坊の命の為に、

汗をかきかき、我慢して協力して下さったそうです。

 

そんな経緯もあって、

母子感染」という言葉を、違和感なく受け入れました。

 

しかし、

B型肝炎ウイルス感染者」というレッテルで、

その日以来、生活が一変しました。

 

様々な注意事項が書かれた資料を渡され、

それを実行するのは、容易な事ではありませんでした。

 

家族への感染を防ぐための、日常使用する全ての日用品を家族と別にするなど、

様々な対応を始めとして、

友人や隣人、会社や町内会などのイベントも、

万が一、出血を伴う様な怪我によって他者に感染させるのを防ぐために、

参加を辞退せざるを得なくなり、

対人関係も希薄になってしまいました。

 

その後、仕事が忙しい日々が続いた時などに、

肝機能の数値が悪化する事もありましたが、

何の治療もしないまま、やがて正常な値に戻りました。

 

そして、10年が過ぎた頃、思うようになりました。

 

そもそも、B型肝炎ウィルスのキャリアだと知らされるまで、

そんな事には全く気付かないまま、

結婚して、子供が生まれ、

家内にも、子供にも感染しなかったのです。

 

それが、キャリアだと知ったからと言って、

そんなにビクビクして暮らす必要があるのか?

 

そう思うようになって、

普通に?生活する事を心がける様になりました。

 

勿論、怪我などで出血した際の血液の始末などは気を付けますが・・・

 

そして、10年ほど前に、再び、肝機能の数値が悪化した際に、

担当医の勧めで「拡散アナログ製剤」による治療を開始しました。

 

この薬は、B型肝炎ウィルスの増殖を抑制しますが、

飲むのをやめると、ウィルスが急激に増殖して急性肝炎を発症する可能性があるため、

一生、飲み続ける必要があるとの事です。

 

※.その後、同じ薬で治療を受けた事がある方の話を聞くと、

  医師によっては、経過が良好出れば、状況を見て薬の服用を中断する場合もあるとの事です。

 

しかも、この薬、薬価が1錠で約千円近いという高価な薬で、

毎日1錠ずつ飲むので、1年間で36万円にもなってしまいますが・・・

(健康保険の対象なので、3割負担なら自己負担は1年で10万円程度)

 

幸い、1か月の自己負担の上限1万円になる、県の補助金制度があります。

 

受給者証.png

 

現在は、この薬が良く効いていて、

ウィルス量測定限界以下で、

肝機能の数値も正常値で安定しているので、

定期検査は4か月ごとで、4か月分の薬を処方してもらい、

1年間で3回なので、年間で3万円の自己負担で済んでいます。

 

まぁ、3万円と言っても、

これが一生続くので、決して安い負担ではありませんが・・・

 

一方、

定期健診で行う、MRI検査エコー検査などの費用も含めて、

自己負担が1万円なので、

健康診断の年間契約費用?と考えれば、

そう高くはないと思います。

 

【続く】

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM