Video Studio【動作検知自動マスク編】

  • 2017.12.14 Thursday
  • 15:22

 

先日、移動するターゲットを指定すると、

自動で追従してマスクがかけられる動画編集ソフト

という事で購入した「Video Stdio Ultimate X10.5」ですが・・・

 

pdf ファイルの日本語マニュアルが付属するのですが、

例によって?

動画編集ソフトは機能が多くて、

全て読んで理解するのは大変ですぅ〜!(^○^;)

 

で、

自動追従のマスク機能「マスク・クリエーター」だけ読んでも、

Video Studio の基本操作を知らないと、

ちんぷんかんぷんですぅ〜!(^○^;)

 

とは言いながらも、

何とか、やってみました。(^_^;)

 

先ずは、「マスク・クリエーター」のウィンドウです。↓

 

171214_2.png

 

ドローンの操縦者の上半身をマスクして、

モザイクをかける操作中ですが・・・

 

上の画像の、動画表示範囲の原寸画像がこちら↓

 

171214_1.png

 

画面上のターゲットが小さいので、

範囲設定は少々面倒です。(^○^;)

 

ブラシを使って、マスクしたいターゲットを塗りつぶします。↓

 緑の四角 は認識範囲が自動で表示されます。

 

171214_3.png

 

で、

ドローン操縦者とフレーム右端にちろっと映るクルマを、

マスクして自動追尾させただけで、

手修正を行っていない動画がこちら↓

 

 

動作検知の自動追尾と言っても、

Phantom4のターゲット追尾とは訳が違います。

 

Phantom4の自動追尾は、

ターゲットの色などの特徴を追いかける訳ですが、

動画マスクの場合は、

モザイクをかけたい「範囲」を追尾する訳です。(^_^;)

 

しかし

AIでターゲットの形状を認識して追尾する訳ではなく、

指定された範囲に近い色を追尾する、

画像編集ソフトの「魔法の杖」や「投げ縄」とか

呼ばれている機能と同様と思われるので、

境界が背景とはっきり区別されなければ、

正しく追従できない訳です。(^_^;)

 

実際に、追尾範囲がターゲットから周囲へ大きくはみ出すこともあります。

 

例えば、上の例でいえば、

操縦者の「 オレンジのコート 」は、

背景と区別が付きやすいのですが、

」は、背景と区別しにくい訳です。(^○^;)

 

なので、手修正が必要になり、

大変面倒ですが・・・

1コマずつ修正したのが、こちら↓

 

 

という事で、

すんなり、らくちんに適応させるには、

画像のターゲットと背景が、

はっきり区別できる場合に限られる訳ですが・・・

 

まぁまぁ、使えるかな?

というレベルですね。(^_^;)

ドライブレコーダ【K6000レビュー編:1】

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 20:09

 

ドライブレコーダーK6000 の、

中国版(格安品)と台湾版KYPLAZA品)の比較レビューです。

 

先ず、目についた、台湾版の新しい機能ですが、

静止画(カメラ)モードで、

背面パネル左側の”△”ボタンと、”▽”ボタンを操作する事で、

0.1倍刻み最大4倍の「デジタルズーム」が追加されました。↓

 

k6000_zoom.jpg

 

まぁ、デジタルズームなので、

最大画素数12M:4,032x3,024)で撮影して、

後でトリミングしても同じだと思いますけど・・・(^_^;)

 

さて、中国版と台湾版で、一番大きな違いだと感じたのは、

台湾製赤レンズです。o(^0^)o

レンズが赤いだけではなく・・・

 

先ずは、静止画での比較ですが、

最大画素数は、どちらも 12M(4,032x3,024)なので、

そのサイズで撮影してみると・・・

 

【中国製】

171213_03.jpg

 

【台湾製】

171212_13.jpg

 

どちらも視野角(画角)はほぼ同じ(記載では 120度)ですが、

画像の周辺部分を見ると、

中国製湾曲していますが、

台湾製歪みがありませんo(^0^)o

 

上の画像の壁のカレンダー部分を拡大すると、

台湾製には歪みが無いのが判りますし、

解像度や発色も良いように見えます。↓

 

171213_04.jpg

 

 

次に、CMOSの実際の画素数です。

 

K6000 の画素数は非公開の様ですが、

更に、カレンダーの”12”の部分を拡大すると・・・

どちらもピントは甘いものの、

台湾製は、画素一つ一つが変化しているのに対して、

中国製は、縦4個分が同じだというのが判ります。↓

 

また、台湾製は、色がしっかり「」なのに対して、

中国製は、虹色に色ズレ色収差)が発生しています。↓

 

171213_01.png171213_02.png

 

これは即ち、

台湾製は、CMOSの画素数が12M1,200万画素)ちゃんとあるのに対して、

中国製は、実際には 3M しかなく、

4,032 x 756(300万画素の画素を、

疑似的に 12M の 4,032 x 3,024 画素サイズに拡張しているという事です。

 

ここで、念のために?

簡単に、画素数について説明します。

 

CMOS撮像素子)の画素数は、

デジカメやビデオカメラなどで、

○MP」(MP:メガ・ピクセル)で表記されます。

 

これは、2進数で、1K(キロ)=1,024

1M(メガ)= 1,024K = 1,048,576(100万画素)で、

4,032 x 3,024」=[4Kx3K]= 12M1,200万画素)になります。

 

ちなみに、

ハイビジョン撮影などのワイド画像(アスペクト比:16:9)は、

フル・ハイビジョンの画素数が”1,920 x 1,080”なので、

これを、1,920 =約2Kとして、

横方向の画素数で”2K”と表記します。

2K(フルハイビジョン)の画素数は、

1,920 x 1,080 = 2,073,600(200万画素)です。

 

最近、試験放送や対応テレビで、4K8Kという表記がありますが、

3,840 x 2,1604K(800万画素)…画素数4倍

7,680 x 4,3208K(3,300万画素)…画素数16倍

となります。

 

ちなみに、Phantom4 のカメラは、

1,200万画素で、

4K動画と、4,032 x 3,024の静止画の撮影が可能です。

 

さぁ〜て、

いよいよ肝心の 動画撮影ですがぁ〜・・・

 

お天気が悪いので、

もう少し、お待ちください。m(_"_)m

 

【続く】

ドライブレコーダ【K6000 到着編】

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 20:19

 

注文していた、ドライブレコーダー K6000 が到着ぅ〜!o(^0^)o

 

例によって?

アマゾンへの注文は、予想以上にデカい段ボール箱で届きますぅ〜!

 

171212_01.jpg

 

でぇ〜、

ちゃんと PYPLAZA 品(台湾製)が届いたかを確認します。(^_^;)

 

先ずは、外箱ですが、

以前買った中国製が↓写真右で、

今回購入品が左です。↓

 

171212_02.jpg

 

商品説明通りに、日本語表記の、

KYPLAZA オリジナル箱で、

国内手配品なのでしょう、箱に痛みはありません。(^○^;)

 

171212_03.jpg

 

箱の中の仕切りも、中国製はボール紙でしたが、

KYPLAZA 品は、プラスチック?の成形品です。↓

 

171212_05.jpg

 

内容物は、標準的?

・K6000 本体

・取付用の吸盤

・シガライター・ソケット・ケーブル

・USBケーブル

・日本語版マニュアル

・注意書き

 

171212_04.jpg

 

日本語版マニュアルは、光沢のある写真用の用紙に、

両面印刷されて閉じられている、しっかりとしたもので、

中身も、写真入りで、説明も正しい日本語(笑)です。↓

 

k6000取説.png

 

黄色い「注意書き」も、光沢のある上質な厚紙です。

 

さて、肝心の本体ですが・・・

 

↓写真左が「KYPLAZA 品」、右が「中国製」です。

 

171212_07.jpg

 

サイトの商品説明通り、『台湾製赤レンズ』で、

パネルは、ヘアライン仕上げの『金属製』です。

 

171212_08.jpg

 

↑レンズには、保護フィルムが貼られていて、

↓レンズ表面は、中国製が平らな透明カバーが被っているのに対して、

KYPLAZA品は、半球型の魚眼の様なレンズカバーになっています。

見るからに、集光力がありそうで、明るそうです。

 

171212_09.jpg

 

本体の背面は、中国製と同じ様ですが、

保護フィルムが貼られています。↓

(黄色い○の場所に、剥がすためのシールが付いています)

 

171212_10.jpg

 

モニタ画面ですが、

動画モードでは、録画される動画と同じアスペクト比(16:9)で表示されます。↓

一方、中国製には水平な赤線と車線を現す緑の斜線が表示されますが、

台湾製には表示されません。

 

171212_11.jpg

 

一方、中国製はモニタ画面に、蛍光灯の干渉縞(フリッカ)が出ていますが、

台湾製ではありません。↓

 

171212_16.jpg

 

取付用の吸盤も、しかりしたタイプのものが付属します。

中国製は、丸ボールだけの簡易タイプですが、

KYPLAZA品は、2軸タイプで、

各部や、吸盤の材質も違います。↓

 

171212_12.jpg

 

実は、中国製は、ボール部分のキャップを締めてもちゃんと固定されず、

力を込めて締めたら、キャップが割れていまい・・・(−_−;)

上の写真の黄色い○の所を、接着剤で固定して使っていました。

 

設定メニューは、

日本語の表記がより自然になっている以外、

システム設定」と「動画モード」間で移動した項目や、

項目順が変わっているものもありますが、

基本的な項目は同一です。

 

但し、KYPLAZA製は日本向けという事なのか?

一部省略されている項目もあります。

 

システム設定(各モード共通)
日/時刻 日付時刻の設定(年月日・時分秒)
オートシャットダウン 自動電源オフ(オフ/1分/3分)
言語

言語の切換(日本語/?※1)※1.何語なのか判らない文字

中国製は11か国

電源周波数 50Hz(関東)/60Hz(関西)
スクリーンセーバー 画面オフ時間(オフ/3分/5分/10分)
画像反転 画像の上下を反転(オフ/オン)
フォーマット MicroSDカードを初期化する
リセット 設定値を工場出荷状態に戻す
Version ”DC204FW10”
動画(ビデオ)モード
解像度

記録解像度(1920x1080:24fps/1440x1080

/1280x720/640x480/320x240※2)

※2:中国製は848x480

自動上書き

保存するファイルの録画時間

(オフ/1分/3分/5分/10分)

露出補正

露出補正値(+2.0/+5/3/+4/3/+1.0/+2/3/+1/3

/+0.0/-1/3/-2/3/-1.0/-4/3/-5/3/-2.0)

動体感知 動体感知で録画開始(オン/オフ)
オーディオ 音声録音(オン/オフ)
日付表示 録画する動画に日付を表示する(オン/オフ)
Gセンサー 振動で録画ロック(オフ/2G/4G/8G)
電子音 電子音(オン/オフ)
静止画(カメラ)モード

撮影モード

(台湾製のみ)

セルフタイマー(オフ/2秒/5秒/10秒)
解像度

12M(4032x3024※3)/10M(3648x2736)/

8M(3264x2448)/5M(2560x1944)/

3M(2048x1536)/2MHD(1920x1080)/

VGA(640x480)/1.3M(1280x960)

(※3.実保存サイズは 4000x3000)

連写設定 連写(オフ/オン)
画質設定 画質(ファイン/ノーマル/エコノミー)
シャープネス シャープネス(ストロング/ノーマル/ソフト)
ホワイトバランス

ホワイトバランス

(オート/晴天/曇り/タングステン/蛍光灯)

カラー カラー(カラー/モノクローム/セピア)
ISO (動画と同じ設定内容)
露出補正 露出補正(オート/100/200/400)
手ぶれ防止 手ぶれ防止(オフ/オン)
クイックレビュー クイックレビュー(オフ/2秒/5秒)
日付表示

撮影画像に日付を入れるか(オフ/日時/日/時刻)

再生モード
消去 ファイル削除(このファイルを削除する/全て削除)
保護

ファイルのロック(画面ロック/画面ロック解除/

オールロック/オールロック解除)

 

KYPLAZA品(台湾製)で、省略されたメニュー

 

システム設定
TVモード NTSC/PAL
動画モード
レーンチェンジ 機能スイッチ オフ/オン
モデル カール/商用車/トラック
感度 ロー/ハイ/無制限
領域選択 中国本土/中国台湾

 

レーンチェンジ」機能が、どういう機能なのか説明が無く、

良く判りませんが、

設定項目を見ると、中国本土と台湾で切り換える機能らしいです。(^_^;)

 

という事で?

今回購入したものは、KYPLAZA品に間違い無さそうですぅ〜!\(^○^)/

 

実際の機能や録画画質がどうなのか?

期待が高まります。

次回は「レビュー編」です!o(^0^)o

 

【続く】

ドライブレコーダー【K6000購入編】

  • 2017.12.11 Monday
  • 20:35

 

という事で?

別のドライブレコーダーを買う事にしたのですが・・・

 

と、その前に、

今まで使っていた K6000 は、

内蔵電池(多分リポ)が不良、寿命?ですが、

録画機能自体に問題はありません。

 

一方、

今回買ったものはハイビジョンで録画できない不良品でしたが、

返品せずに返金となったので、

現物が手元にあり、

内蔵のリポに問題ありません。

 

という事は、

このリポを、K6000 に移植できれば直るんじゃね?(^○^;)

 

という事で、

K6000 を分解しようと思ったのですが、

どこから見ても、

ビスや、取り外せそうな箇所がありません。(^_^;)

 

でぇ〜、

無理くり、ケースを引っ剥がそうとしたら・・・

 

液晶を壊しちゃいましたぁ〜(;_;)

 

171209_5.jpg

 

という事で、

ドライブレコーダーを注文します。(^○^;)

 

でぇ〜、

アマゾンで、1万円以下のドライブレコーダーのレビューを、

片っ端から見てみたのですが・・・

 

国産メーカー品以外は、

大なり小なり、ハズれ(不良品)を掴む可能性がままありそうで、

どの製品も、基本機能に大差なく、

特に興味を引くモデルも無かったので・・・

 

今まで使っていた K6000 ならば、

前回の購入(2015年7月)から2年以上経った今でも定番らしく、

使い慣れているので、

再度、K6000 を購入する事にしました。

 

アマゾンで検索すると・・・

2千円未満からありますが、↓

 

171210_1.png

レビューを見ると、

KYPLAZA”品以外は、粗悪品を掴まされる可能性が高そう・・・(^○^;)

 

KYPLAZA品は、価格が2倍以上しますが・・・

171210_2.png

台湾製で、中国製とは、

レンズ、基板、パネルが違っているそうで↓

171210_3.png

171210_4.png

 

日本語マニュアルと、

1年保証付き!o(^0^)o

 

しかも、初期不良は、送料をショップ負担

(それ以降は、ユーザーが送料負担)

と、明記されています。↓

 

171210_5.png

 

という事で、

多少お高めなのは安心料と思って、

KYPLAZA品を注文しましたぁ〜!o(^0^)o

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

アクセス数

   
本日  昨日
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
Eachine ER32 (Banggood)
eachine_er32.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
Assault 450L Kit (Hobby King)
150802_2.jpg
Car DVR K6000 (Banggood)
k6000.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM