飛鳥兇魘撮できるのか?【GEO区域編】

  • 2019.09.09 Monday
  • 18:32

DJI(ドローンメーカー)のサイトによると、

空港周辺の飛行禁止空域は、独自に決めているようです。(−_−;)

 

dji_geo_area.png

滑走路の延長線上の蝶ネクタイ状の離着陸コースの法面「滑走路飛行制限ゾーン」(上図の赤の部分)は、

航空法による規制とほぼ同様の範囲で、規制を解除(飛行)できません

 

190905_18.png

 

一方、滑走路から半径4kmの「許認可ゾーン」は、

航空法による規制区域の範囲は空港により異なり

新潟空港の場合は半径3.5km?くらいですが、

GEOは半径4kmと若干広くなっています。

 

190905_16.png

 

190905_17.png

 

結果、今回空撮しようと予定していた空域は、

航空法では飛行可能区域でしたが、

DJI のGEOでは「飛行承認区域」に入ってました。(;_;)

 

飛行承認区域は、事前に DJI に申請することで飛行制限を解除することができるのですが・・・

先ずは、全て英文で申請する必要があり、

承認後にエリア情報を機体にダウンロードしなければなりません。(−_−;)

 

また、申請には「飛行許可の書類」と操縦者の身分証明書」が必要で、

半径30km以内区域を指定し、

解除期間は3か月以内なので、

無人機の「包括申請」のように事前に日本全国1年間などの許可を得ることができません。(−_−;)

 

さらに、ロックを解除した場合は、解除を申請したその空域のみでしか飛行できません!凸(▼_▼#)

 

GEO区域は、更にその外側の半径6kmの範囲を「強化警告ゾーン」としています。

この区域では、警告メッセージが表示されるものの、飛行は可能なようです。

 

190905_19.png

 

ちなみに、今回、コントローラのモニタ画面で気付いたのですが・・・

国民文化祭」の式典イベントに天皇陛下が来訪されるという事で、

万代橋」周辺と「朱鷺メッセ」周辺が、

2019年9月16日〜17日の期間限定で、

解除不可能な制限区域になっていますぅ〜!(@_@;)

 

190905_20.png

 

190905_21.png

 

【続く】

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM