おいらの青春白書【最終回】

  • 2020.02.14 Friday
  • 07:52

 

僕が中学生の頃のある日の事です。

 

家でお袋の帰りを待っていて、

帰ってきた様な気がしたのに、

なかなか、家の中に入ってこないので、

おかしいなと思って玄関へ出てみましたが誰も居ません。

 

普通なら、勘違いか・・・で終わる所ですが、

その時は、何故か気になって、

表の通りまで出てみると・・・

 

当時は、道路の脇に小さめの用水路のような下水溝があって、

その底を覗くと、

顔半分が水に浸かった状態で、

お袋が、小川に落ちて倒れていました!(@_@;)

 

僕はすぐにお袋を引き上げて、

家に運んで、毛布で包み、

すぐに救急車を呼びました。

 

小川の底に、水と柔らかい泥が溜まっていたおかげで、

それがクッションとなって、

骨折など大きな怪我はなく、かすり傷程度で済みました。

 

そう・・・中学生くらいまでは、

僕とお袋は、そんな何かで確かに繋がっていたと思います。

 

でも、今回は、

お袋を蝕んでいる病魔に気づかなかった事が悔しくて・・・

 

 

でも、あと半年、お袋が生きていてくれれば孫の顔が見せられる!

と、一日一日、祈りながら付き添う日が続いていました。

 

そんなある日、U子さんが流産してしまいました。(T_T)

 

血液型の問題で二人目の子供は望めないと思っていたU子さんは、

すっかり落ち込んでしまいました・・・

 

ところが、その日を境に不思議なことに、

お袋の様態が、医者も驚くほど回復してきて、

桜が咲くころには、車椅子で、

病院の裏のお城の堀の桜を見に行けるほどになりました!

 

もしかしたら、奇跡が起こって、

このまま回復するんじゃないかと期待するほどでした。

 

しかし、担当医は「一時的なものでしょう」・・・と。

 

そして、医者の言う通り、

その後、お袋の様態は再び悪化して、

痛み止めも効かなくなり、

脊髄にチューブでモルヒネを直接注入しなければならない様になってしまいました。

 

しかし、モルヒネを投与できる量には限度があるので、

モルヒネの効果が切れても、

次に投与できるまでは、激しい痛みに耐え続けなければなりません。

 

モルヒネが効いている間は寝ているか、

起きていても意識が朦朧としている状態で、

効き目が弱って意識が戻ると、

すぐに、耐えがたい激痛が襲ってくるという繰り返しです。

 

そんな日々が続いて、

流産した子の誕生予定日の前の日・・・

 

その日は、何故か、お袋の意識がしっかりして、

機嫌も良いまま夜を迎えて・・・

 

お袋が末期の癌だという事は最後まで告げられませんでしたが、

お袋も判っていて覚悟していたのは間違いないと思います。

 

それでも、敢えて、病気や死の話を避けるのではなく、

むしろ、お袋が病気や死の話をしても否定せずに、

話を合わせて、冗談話にして、会話をするようにしていました。

 

その晩、当時流行っていたモンチッチのぬいぐるみを、

腹話術の人形の様に操りながら、

「天国ごっこ」をして、お袋と笑って過ごしました。

 

この日、お袋は一晩中、意識がはっきりしていて、

朝方まで語り明かしました。

 

そして、夜が明ける頃、

突然「来たよ・・・」

と言い出し、

「今、通用口から入ってきた。」

と言うので、

僕も「え!?何が?ホント!怖ぁ〜い」

と話を合わせていたのですが・・・

 

「今、階段を上がってきた・・・」

と言った後に、

「おまえは、朝ご飯を食べてきなさい。」

と言うので、

1階の食堂に行って、ラーメンを食べて、病室に戻ると・・・

 

お袋の隣のベッドで寝ていた筈の親父が廊下に立っていて、

病室を覗くと、

医者と看護婦がいて、お袋に心臓マッサージをしていました。

 

オヤジが「もうダメかもな」と言うので、

その時は「このヤロウ!」と思ったのですが、

オヤジは自分に覚悟を言い聞かせていたのかも知れません。

 

やがて、病室から医者が出てきて、

「ご臨終です」

 

病室に入ると、ベッドの上で、

お袋が安らかな表情で横たわっていました。

 

お袋の胸の上に頭を乗せると、

「ふぅ・・・」

と、お袋の口から、まるでため息の様に息が漏れました。

 

やっと楽になったね・・・お袋。

 

医者から、

「お母さんが、何故これほど頑張れたのか理由を調べたいので、

 解剖させて貰えないでしょうか?」

と言われ、

お袋の頑張りが、今後の医療に少しでも役に立つなら、

お袋もきっと了承するハズだと思って、

承諾しました。

 

お袋が戻って来るまで、

僕は、お袋のベッドに横になって待ちました。

 

10か月間、

お袋は、この天井と、

窓から見える景色だけ見て、頑張っていたんだなぁ・・・

と思ったら、

涙が溢れて来ました。

 

解剖が終わって、

医者からの説明を聞きました。

 

「内臓は殆ど全部ボロボロになっていて、

 引っ張ると、プツプツと千切れるほどでした。

 こんな状態で何故生きていられたのかは驚きで、説明がつきませんが、

 よほど、心臓と精神力が強かったのでしょう」

 

僕とU子さんは、

亡くなった僕らの赤ちゃんが、

その命で、

お袋に力を与えてくれたのだと信じています。

 

【完】

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM