速度超過 15km/h 未満の取り締まりが強化された?

  • 2020.02.20 Thursday
  • 11:48

通常?速度違反の取り締まりは、速度超過 15km/h以上、
(オービスは一般道で 30km/h以上)と思われてきましたが、
昨年から、15km/h未満の取り締まりが急増しているそうです。(@_@;)

 

15km/h未満というと、
それじゃあ一体、何km/h以上から取り締まるのか?ですが・・・

 

車両の速度計には誤差があり、
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示第148条 で、
下記のように定められています。

 

・2006年以前に製造された車両

 

10(V1−6)/11≦V2≦(100/90)V1

 

V1:スピードメーターの表示速度
V2:速度計試験器を用いて計測した速度

 

 メーターが40km/hを指している場合の実速度の範囲:30.9km/h〜44.44km/h

※.メーター読み40km/hで、実速が 4.44km/h 超過していても、
   保安基準上認められているという事なので、
   この範囲では取り締まりはできない筈です。

 

・2007年以降に製造された車両

 

10(V1−6)/11≦V2≦(100/94)V1

 

 メーターが40km/hを指している場合の実速度の範囲:30.9km/h〜42.55km/h

 

つまり、2007年(平成19年)以降は、
保安基準上のメーター誤差の許容値が、
速度超過側で、4.44km/h から 2.55km/h へ厳しくなった訳です。

 

しかし、実際には、5km/h未満の速度超過は取り締まらないと思います。

 

問題なのは、
脇道から広めの道路に出てきて加速した時に、
その道路が 30km/h制限だった場合です。

 

メーターは、加減速時に遅れが生じます。
また、人間が目視してから脳で解釈するまでにも遅れがあります。

 

停止から加速して、30km/h 制限の標識を発見した時点で、
メーターが 30km/h を指していてアクセルを緩めたとしても、
その瞬間、実際の速度は 30km/h を超えているでしょう。

 

そこを取り締まりで計測されたら、
制限速度を超えたことを認識できない状態で、
取り締まられてしまう事になります。

 

↓画像クリックで記事が開きます。

 

オービス.png

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM