おいらの投資入門講座【15】

  • 2020.05.16 Saturday
  • 20:50

ここまでは、

特定の日を基準日にして、

株式市場と投信基準価額の変動を見てきましたが、

実際に買付した投信の運用益(基準価額の変動)は、

それぞれの投信を買付けた(約定した)タイミングで異なります。

 

そこで、

私が保有している各投信の、実際の運用益を表にしました。

 

運用益_200515_1.jpg

 

5月15日時点で、運用益がマイナスになっているのは、

買付タイミングを完全に失敗した、

3月6日に約定した「SBIバンガード」で、損益はマイナス4.36%です。(^○^;)

 

これは、買付銘柄「SBIバンガード」の問題ではなく、

下落も回復も早かった「レオスーひふみプラス」以外は、

何を買付けても、現時点ではマイナスです。(^_^;)

 

3月6日グラフ.jpg

 

しかし、全体では現時点で 5.75%のプラスになっていて、

今年(2020年)買付けた分は 6.21%のプラスになります。

 

※.2019年の投信運用開始以来のトータルの運用益は、

  今年の1月7日に解約した4銘柄の 17.5%分の利益が加算されます。

 

この表の右側部分は、

現在の日経平均とNYダウに対する、

各投信が約定した時の日経平均とNYダウを比較した表です。

 

例えば、2019年1月11日に約定した「ニッセイ日経225」では、

買付けた時の日経平均に対して現在マイナス1.61%で、

国内株式の市場がマイナスなのに対して、

この投信の基準価額は 1.24%プラスになっている事が解ります。

 

2019年1月16日に買付約定した「ひふみプラス」では、

NYダウがマイナス2.20に対して、投信は11.46%のプラスです!

 

投信の運用益が現時点でマイナスの「SBIバンガード」でも、

NYダウがマイナス9.20%に対して、投信はマイナス 4.36%ですから、

5%近く、マイナスが小さい事が解ります。

 

ところで、

国内では今年の1月20日に、

海外では2月21日に最高値を記録したのですが、

その時の、私の保有投信の運用益(基準価額)は、

 

1月20日が、最大の投信で 27.9%、4銘柄の平均で 24.1%

2月21日が、最大が32.31%、平均が 23.23%でした。

 

表の右側は、最高値に対する現在の基準価額の比率です。

 

最高値_国内.jpg

 

最高値_外国.jpg

 

【続く】

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM