コロナ対策給付金の謎

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 18:28

「緊急事態宣言」というおもちゃを手にして、
どぉ〜しても使いたくて、
肝心な医療体制や防疫体制は、わざと脆弱なままにして、

「医療崩壊」という呪文を盾にして、
更に、誰が感染しているか判らないという状況を敢えて創り上げて、
「緊急事態宣言」の発令を既成事実とした政府ですが・・・

 

遅れに遅れて、やっとやる事は相変わらずの税金のバラ撒き!

 

しかも、持続化給付金の業務は、
経産省が立ち上げた「一般材残法人サービスデザイン推進協議会」
という、ほぼダミーに近い団体が769億円で落札。

 

経産省の公示前に、
同団体が受付サイトのドメインを取得済みだったという、

あからさまな出来レース!

 

想定件数130万件で、1件当たりの業務費用は、何と!6万円!
実業務を考えれば有り得ない高額です。

※.時給1,300円(素人OK)で募集されたオペレーターが、
  1人が1日に何件処理するか考えれば明白です。

 

しかも、この団体は受託金額の96%が外注で、
実務は全て外注(関連企業)任せなのに、
団体に入る「必要最低限の事務費用」が4%で何と!30億円!
(この団体は「非営利団体」)

 

たかだか20名ほどの「非営利団体」が、
どんな事務作業をしたら30億円モノ費用が発生するのか!?

 

一方、外注に流れた金約740億円の一部で作られた業務システムは、
どうやら申請開始初日の5月1日の申請分のデータベースに問題が発生した様で、

申請ミスとして扱われて後回しにされている様です。

 

そんな中、5月1日に申請が出来ずに、
e-Taxが利用できる5月7日まで待たざるを得ない事になったのが
逆に?幸いして、5月7日申請で5月19日に振り込まれました。

 

さて、給付金の受取を辞退すると、
その分の税金が、またろくでもない無駄遣いされるので、
今までせっせと納めてきた分から少しでも回収しようと、
申告できるものは申告しました。

 

皮肉なことに?、無能で機能しない政府の愚策のおかげで?
「特別定額給付金」や「持続化給付金」など、
別に裏技とか使ったわけでも何でもなく、
規定通り普通ぅ〜に申請したら・・・

 

5月8日:特別定額給付金入金

定額給付振込.png

 

5月19日:継続化給付金入金

振込.png

給付金の総額が、
私の昨年の年間事業収入の総額を超えちゃいましたぁ〜!(^○^;)

 

・持続化給付金

A:昨年(2019年)の年間事業収入
B:本年1〜12月の任意の1ヵ月の事業収入X12
給付対象額=A−B

 

即ち、1か月でも収入0(ゼロ)の月があると、
昨年の年間事業収入が給付対象になります!(@_@;)


一体だれが、こんな摩訶不思議な?算出方法を考えたんでしょうねぇ〜(^○^;)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM