EXTRA 300 修理3(1)

  • 2020.07.24 Friday
  • 18:11

EXTRA 300 は、5回のフライトで初回以外の4回墜落ぅ〜!(爆)

 

1回目は、密集した藪に落ちて枝に引っかかってEXTRAは無傷でしたが、

藪の棘で足が傷だらけになって、負傷したのは私の方でしたぁ〜(^○^;)

 

2回目は、ハードランディングで主脚の根元の機体が割れました。

 

3回目は、河原に墜落して、

モーターマウントを取り付ける部分の補強板と、

主脚の付け根の機体が割れました。

 

そして、4回目の今回は突然のキリモミで駐車場の端に落ちて、

今回も、モーターマウントの補強板と主脚の付け根、

その他に、初めてプロペラが折れて、エルロンのリンケージが壊れました。

 

機体もかなりグダグダになってきたのですが、

まぁ、発泡スチロールの機体本体は、

専用接着剤と梱包用の透明テープで何とか修復しました。(^_^;)

 

しかし、

モーターマウントを取り付けるベース部分の補強版と、

主翼をボルトで止める、機体中央の板は、

木製という事もあり、

新規に作ることにしました。

 

200721_2.jpg

 

モーターマウントのベース板の厚さは5mmで、

機体中央の板の厚さは 2.5mmなので、

厚さ 2.5mmのべニア板を買って、

モーターマウントは2枚貼り合わせました。

 

ぱっと見、かなりいい加減な作りですが・・・(^○^;)

外形寸法と、マウントの埋め込みナットの位置は、ぴったりと合わせました。(^_^;)

 

 

200721_3.jpg

 

機体中央の板も、外形寸法とネジ穴だけ、正確に合わせました。

 

200721_4.jpg

 

で、実は・・・

前回、モーターマウントが曲がって直した時に、

ブラケットの取付位置が、

機体の中央より左へ片寄っている事に気づきました。

 

で、おそらくこれは、モーターがプロペラを回す時の、

反トルクを打ち消すためだと考えました。

 

200721_9.jpg

 

で、更に、モーターマウントのブラケットのステーの、

左右の長さが違うような気がしていたのですが・・・

 

気にせず?(爆)直したら、

機首のカウルを被せた時に、

モーターのシャフトの位置がカウルの切り抜きの穴の中央にならずに、

左寄りだったのですが、

ブラケットの取付位置が左寄りだったので、

位置がづれたのは、機体が変形しているせいだと思って、

カウルの取付位置をずらしてしまいました。(^〇^;)

 

・・・が・・・

 

前回、ラジコン飛行場でメンバーの方々と話していて、

モーターの取り付けは、右方向に「角度」を付けるのだそうですぅ〜!(爆)

 

という事で、

ベース板に対して、垂直に取り付けていたマウントを再度修正して、

右方向に角度が付くように直したら、

シャフトがカウルの切り抜き穴の中央になり、

スピンナーとの緩衝も無くなりました!o(^0^)o

 

200721_1.jpg

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png

空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM