北方文化博物館と慈光寺【前編】

  • 2016.05.01 Sunday
  • 21:58
奥さんがテレビで紹介されていた藤棚を見に行きたいというので行ってみました。
場所は、豪農の館で有名な「北方文化博物館」です。
名前と大体の場所は知っていましたが、訪れるのは初めてです。

入口は意外と質素な感じ・・・↓

160430_01.jpg

・・・と、思ったら・・・
そこから中がこんな具合で・・・↓

160430_02.jpg

ここが本来の正門、立派な土蔵門です。↓
正門からは入れずに、右側の通用門?に受付があります。

160430_03.jpg

ちなみに、
この土蔵の二階は入館料を払わずに入ることができる「屋根裏ギャラリー」となっていますが、
何故か?「ミャンマーの民芸品展示販売」を行ってました。(^○^;)

様々な形・大きさの木工のスプーンやフォーク、木製のコップなど食器類や、
女体の形の孫の手や小物類などが販売されているのですが、
奥のスペースにアウトレットコーナーがあり、
全く同じものが半額など格安で置かれています!(^_^;)

製造時の傷や割れがあるものを、実用上支障がないように修復したモノで、
それと分かって探すとわかる程度なので、
買うならアウトレット品で問題ないと思いますぅ〜!o(^o^)o

さて、受け付けには何故か?
館長のフィギアが・・・(笑)

160430_04.jpg

入館料は800円
今まで訪れたことがある豪農の館の入館料はこんな感じなのでちょっとお高めですが・・・↓
 
旧斎藤亭別邸 古民家と紅葉谷の紅葉巡り【中編】 500円
旧斎藤家別邸 古民家と紅葉谷の紅葉巡り【前編】 300円
渡邉邸 渡邉邸と鷹ノ巣散策【前編】 500円

受付から入ると母屋が見えますが、
庭木に遮られて全容は見えません。(^○^;)

160430_05.jpg

↑ここから左手へ庭を進むと正面玄関が↓


160430_06.jpg

ここからは入れず、
見学コースは右手の勝手口からですが、
この正面玄関から入ると大広間となっていて・・・

160430_07.jpg

右手奥の椅子が並んでいる先が中庭↓

160430_08.jpg

左手の赤絨毯と16間半(30mの1本杉の丸桁)の縁側からは、

160430_09.jpg

5つの茶室があるという回遊式庭園を望めます。

160430_10.jpg

中庭を挟んだ三間続きの茶の間は所蔵品のギャラリーとなっていて、
お宝鑑定団に出てくるような大皿などの骨董品が並び、
中でも目を引いたのは、巨大なオルゴールと、
螺鈿細工のタンス↓
きれいですぅ〜!o(^o^)o

160430_11.jpg

母屋を出ると、
目的の藤棚が↓
160430_15.jpg

こちらが入り口方向からで正面でしょうか。
↓写真左手に見えるのが母屋です。
160430_12.jpg

で、藤棚の右手の古民家風の建物は「おみやげ処 山楽」と「地酒館」で、
その向こうが「そば処 いはの家」↓


160430_27.jpg

写真には写ってませんが、右手手前には「お食事処 みそ蔵」(予約制)
左手手前には「茶房 井戸小屋」、記念写屋(1枚1,000円)まで待機していました!(^○^;)

更に、裏口(中門)側には、店内にパン工房がある「沢海カフェ ふくろう」、
レストラン「ウィステイラ」、野外ステージまであって、
豪農の宿「大呂庵」という宿泊施設までが隣接しているという、
まるで観光地のような設備ですぅ〜・・・((((^_^;)

入場料がお高めなのはさもありなんという感じ?(^○^;)

さて、
肝心の『』ですが・・・まだちょっと早かったようで、
房の下半分はまだつぼみで、5分咲きといったところでしょうか?

160430_14.jpg

これほど大きな藤棚ですから、
大元の幹も立派ですぅ〜!↓

160430_13.jpg

で、母屋の二階が「考古資料館」になっているのですが、
そこからの藤棚の眺めがこちら↓

160430_16.jpg

母屋に隣接して「三楽亭」という書斎兼茶室がありますが、

160430_17.jpg

ん〜・・・写真だと解りづらいですが・・・

160430_18.jpg

正三角形の小亭で、

160430_19.jpg
160430_21.jpg

↓畳も三角や平行四辺形で、

160430_00.jpg

↓調度品の引き出しまで平行四辺形ですぅ〜!(^○^;)

160430_22.jpg
←参考写真
公式サイト






更に「お食事処 みそ蔵」の脇を抜けると池があって、
その周りには、移築された古民家が2棟と、
今は使われていない風の(公開されていない?)「離れ 常盤荘」。

160430_24.jpg

池の周りのベンチ周辺は、八重桜の絨毯が綺麗ですぅ〜↓

160430_23.jpg

奥の古民家は、明治初期の下田村の民家で、
中では、日本蝋燭や仏具などを販売していました。

160430_25.jpg

↓もう1件は、江戸時代初期の刈羽の民家で、
「板の間禁令」で、一軒に一間(ひとま)しか作れなかった板の間は、
その家長の居間とし、その他は寝間も土間に藁を敷き生活していたそうです。

160430_26.jpg

でぇ〜、全体図がこちら↓
160501_27.jpg

という事で?
一通り回ってお昼前ほどになり、
そろそろ次の目的地へ向かいますが・・・

【続く】
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

アクセス数

   
本日  昨日
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
Eachine ER32 (Banggood)
eachine_er32.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
Assault 450L Kit (Hobby King)
150802_2.jpg
Car DVR K6000 (Banggood)
k6000.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM