ラジコン飛行場 2020/06/06

  • 2020.07.10 Friday
  • 19:05

この日は、前会長と現会長が、

揃って、大型の高翼機を持参していました。

 

前会長の機体は、翼長2m80(だったかな?)と大型です。

 

200606_1.jpg

 

エンジンはOHV水平対向2気筒で60cc?

 

200606_2.jpg

 

そのフライトは、流石にゆったりとしたものでした。

 

 

現会長機は、前会長の機体よりはサイズが1周り小さいですが、

それでも、翼長は2m超えで、エンジンも同じくOHV水平対向2気筒です。

 

200606_3.jpg

 

そのフライトは、サイズがちょっと小さいせいか?

って言うか、やっぱり操縦者の性格だと思いますけど、(爆)

かなり攻めて、元気よく飛ばしていました。(^〇^;)

 

 

一方、サトシさんの小型の電動エアロ機のフライトは、

自由奔放な飛び方?で、撮影で追いかけるのが大変でした。(爆)

 

 

ところで、私の EXTRA 300 ですが、

この日、初飛行機、初フライトで、

何とか離陸して、左旋回して1周だけして、

無様ながらも滑走路上に無事不時着!?(爆)

 

初フライトで、滑走路まで戻ってこられただけで素晴らしいと、

メンバーの皆さんから拍手喝さいを受けました。(^〇^;)

 

ちなみに、ジャイロのGPSユニットは、

アンテナの方が平面なので「裏返し」だという指摘を受けたので、

取り付けを直しました。(^_^;)

 

200606_4.jpg

 

200606_5.jpg

RC飛行機用ジャイロ(GPS搭載)

  • 2020.07.09 Thursday
  • 18:05

ENO会長のスタント機にはジャイロ(スタビライザー)が搭載されているのですが、

水平飛行では送信機のスティックから手を離した状態でも安定して飛行します。

 

で、EXTRA 300 もスタント機で、

各舵が非常に大きくて、

見るからに、操作に対してクイックな応答をしそうです。(^_^;)

 

飛行機初心者の私のような場合、

その特性は「不安定」に繋がる訳で・・・(^〇^;)

 

なので、飛行機用のジャイロを買ってみました。o(^0^)o

 

飛行機用のジャイロは、

中華ショップなら安いもので 1,200円位からあって、

一番安い送料(約300円)込みで 1,500円程度で買えます。

 

が、飛行機用でも、ドローン用みたいに、

GPSを搭載したフライトコントローラーがあって、

中華ショップで送料込み3千円台後半ですが、

配送を追跡出来て配達が多少早い配送を選ぶと4千円を越えます。

 

で、アマゾンで送料込み4千円弱というのを見つけたので、

こちらを買ってみました。

 

LHI_NB_ONE.png

 

国内在庫の国内発送なので、注文の翌日には届きました。o(^0^)o

 

gyro_1.jpg

 

gyro_2.jpg

 

中身は、ジャイロ本体とGPSユニットに接続ケーブルと、

両面テープが4枚入ってました。

 

gyro_3.jpg

 

説明書はA4が3枚6ページの紙切れ?で、

中国語と英語が併記されているのですが、

いくら読んでも、良く分かりません!(−_−;)

 

ま、取り敢えず、機体にセットして繋いでみました・・・

 

gyro_4.jpg

 

GPSユニットは、衛星電波の受信を考えて、

キャノピーの操縦席の後ろにセットすることにしました。

 

ちなみに、キャノピーを外して操縦席をまじまじと見ると、

結構リアルな?メーター類が貼られていました。

 

gyro_5.jpg

 

で、GPSユニットはパイロットの後ろに奇麗に収まりました。

 

gyro_6.jpg

 

キャノピーを貼り付けると、こんな具合です。

 

gyro_7.jpg

 

このジャイロ、気圧センサーによる高度も取得して、

送信機のフライトモードの信号で、

自己安定モード・手動モード・高度保持モードを切り換えられます。

 

で、

「自己安定モード」は、通常の?ジャイロで機体の姿勢を安定させ、

「手動モード」では、ジャイロ効果がカットオフし、

「高度維持モード」は、高度30mを維持して自動で旋回する様です。

EXTRA 300用4セル2200mAh LiPO

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 19:37

私が小〜中学の頃、

ラジコンなんて高根の花で・・・

 

お年玉やお小遣いを貯めて、

やっと買えたのは、

送信機にオン/オフのボタンが1個だけ付いていて、

モールス信号の様に押し方で、

模型の戦車が前進・後退・旋回するという、

1チャンネルのラジコンユニットでした。(^_^;)

 

その頃、ラジコン飛行機を飛ばしていたのは、

お金に余裕がある大人の人たちの趣味でした。

 

ラジコン飛行機は、プロポと言って、

送信機のスティックを動かした分、リニアにサーボが動く、

最低でも3チャンネルのプロポセットが必要で、

中学生の私には全く手が届かない夢のまた夢でした。

 

で、09というクラスの小型の中古の模型エンジンと、

機体の組み立てキットを安く譲って貰って作ったのですが、

プロポのラジコンなど持っていないので、

手持ちの1チャンネルのラジコンで、

飛行機のラダー(前輪と連動)を動かすように組み立てて、

離陸しない程度のスピードしか出ないようにエンジンを調整して、

地上を走り回る、飛行機の形をしたラジコンカーを作って遊んでいました。(^○^;)

 

当時は、ラジコンの模型飛行機は模型エンジンで飛ぶものしかなく、

今の様に、飛行機どころかヘリまで電動で飛ぶなんて事は想像もできませんでした。

 

RC飛行機もヘリも、ドローンも、

電動で飛ばせるようになったのは、

モーターの性能もさることながら、

バッテリーの性能向上が一番の要因だと思います。

 

現在では、RC電動のバッテリーは、

高出力なリチウム・ポリマー(LiPO)がほぼ独占しています。

 

リポは、1セルが3.7V(満充電時4.2V)で、

セル数によって3.7V×セル数の電圧になります。

 

さて、EXTRA300は元々4セルバッテリーが標準なので、

3セルのバッテリーだと軽すぎて、

機体の重心が後ろ過ぎるということで、

EXTRA 300用に4セルのバッテリーを購入しました。

 

最近は、中華ショップでLiPOバッテリーを買おうとすると、

日本への発送オプションが選べず、

事実上、購入することができません。(T_T)

 

で、国内のショップから買うしかないのですが、

会長のENOさんが、アマゾンの「ZEEE」が良いというので、

購入しました。o(^0^)o

 

確かに、4セル2200mAhが2本セットの送料込みで6千円を割るのは国内では安いです!

 

zeee_4セルLiPO.png

 

国内在庫ありの国内発送なので、すぐに届きました。

 

大きさは、正面?から見ると、

3セル 2200mAhとほぼ同じで・・・

 

zeee_4セル_1.jpg

 

厚さ方向が、ZEEEは側面が透明なので良く分かりますが、

丁度、1セル分、厚くなります。

 

zeee_4セル_2.jpg

 

バッテリーのコネクタが「Tタイプ」で、

EXTRA 300 のアンプ側が「XT-60」なので、

どちらかのコネクタを変更(付け換え)する必要がありますが、

取り敢えず?

変換コネクタを使ってみます。(^〇^;)

 

zeee_4セル_3.jpg

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第42回:量子力学
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM