マイカー(ヴィッツ)を買い換える【3】

  • 2020.09.26 Saturday
  • 18:57

実は、少し前までは日産ノートeパワーに乗りたいと思っていました。

 

ノートeパワーはエンジンが発電のみに使用されて、

100%モーター駆動のコンパクトカーです。

 

2リッターのターボ車に匹敵するビッグトルク 254N・m(25.9kgf・m)を

発進時から発生して3000rpmまで継続するという、

EV(電気自動車)的な淀みない加速を味わうことができる一方で、

軽自動車並みの低燃費(34km/L)という経済性に魅力を感じていました。

 

しかも、車両価格もXグレードの205万円台からあります。

 

しかし、ネットでインプレッションを見ると、

山道や高速道路ではあっという間にバッテリーが底をつくそうです。

 

バッテリー残量が無くなれば、

後はエンジンが発電した分の電力しかモーターに供給されないので、

エンジン出力よりも小さな力でしかモーターを駆動できません。

 

この状態での山道の走行や高速道路では悲惨と言うしかないそうで・・・(^○^;)

 

という事で、ノートeパワーは却下。

 

で、フィットの実車を見てみるためにディラーへ行ってみました。

 

行ってみて判ったのですが、

たまたま、新発田南店のリニューアルOPENフェアと、

「お客様大感謝祭(決算セール)」をやっていました。o(^0^)o

 

honda_1.jpg

 

で、実車を見たら、見積書だけ貰って帰るつもりが、

見積もりを取ったことで「商談プレゼント」(プレミアム・バスタオル)をゲット!(^○^;)

 

honda_2.jpg

 

更に、来場者プレゼントで、

南店ではトイレットペーパー2個、

新発田店ではティッシュペーパー1箱貰いました。o(^0^)o

 

honda_3.jpg

 

さて、画像では違和感があったフィットのデザインですが、

実車を見ると、まぁそれほど悪くはないかな?・・・という感じです。(^_^;)

 

運転席に乗った感じは、

極細になったというAピラーですが、

それほど驚くほど細くはないという印象です。(^○^;)

 

まっ平になったダッシュボードは、

ネットのインプレでは「斬新」だそうですが・・・

昭和40年代のクルマはこうだったよなぁ〜(爆)

 

fit_dash.png

 

で、肝心のラゲッジスペースですが、

ヴィッツにラジコン機を積みっぱなしだったので、

実際にトランクに入るか試してみました。(^○^;)

 

持参したメジャーで横幅を測ると、

フィットもヤリスとほぼ同じで、

ラゲッジスペースの幅は1000mm位しかありません。

 

しかし、フィットは、

ラゲッジスペースの後端左右の側面に凹みがあって、

翼長1200mmのラジコン飛行機の主翼が、丁度その位置に納まりました。o(^0^)o

 

・・・が・・・

 

2台あった展示車のもう1台の方は、入りませんでした。

 

というのは、もう1台の方は、右側の側面が凹んでません。(@_@;)

 

営業マンに聞くと、

ハイブリッド車は、バッテリーの収納位置の関係からか、

その部分が工具の収納スペースになっていました。(^○^;)

 

という事で、

必然的に?選択肢がハイブリッドではないガソリン車になります。

 

ちなみに、ハイブリッドの価格差は44万円ですが、

私の今後の走行距離を考えると、

この差額を燃料費でペイできる可能性はほぼ無いでしょう。(^○^;)

 

なので、ハイブリッドを選択する理由としては、

動力性能の差に見合うか?だけになります。(^_^;)

 

【続く】

マイカー(ヴィッツ)を買い換える【2】

  • 2020.09.25 Friday
  • 17:15

ヤリスを買い換えの選択肢から除外した訳ですが、

そもそも、選択肢となりえるクルマは?

というと・・・

 

ご近所を見渡すと、ワンボックスのワゴンや、

背が高めでボクシーなクルマが多いですが、

我が家では家族で出かける事がほぼほぼ無くなったので、

大きなクルマや背が高いクルマは除外です。

 

最近はSUVが人気らしいですが、

意味もなく?車高が高いクルマは好きじゃありません。(^○^;)

 

私一人か、奥さんと二人でしか出かけなくなったので、

コンパクトで、ある程度キビキビ走るクルマが良いですね。

 

税制面から、1500cc以下で、できれば車両重量が1t未満。

 

まぁ、極端な話、軽自動車でもかまわないのですが、

今年の始めに奥さんのミラ・イースを購入したので、

軽の選択肢が他に思いつかないので、軽は除外します。(^_^;)

 

で、ヴィッツ(ヤリス)と同じくらいのサイズのコンパクトカーと言えば?

HONDAのフィットか。

 

yaris_fit.png

 

どちらも丁度同時期の今年(2020年)の2月にモデルチェンジした、

トヨタとホンダを代表するコンパクトカーで、

全長4m以下の2ボックス・5ドア車です。

 

しかし、フィットはリアドアとCピラーの間に小さな窓があり、

ラゲッジスペースが強調さて、ちょっとワゴンっぽいスタイルです。

 

今回のフィットは先代までのアグレッシブなデザインから、

丸くてポチャッとした、猫っぽいデザインに大変化!?

わたし的には、ちょっと違和感があります。(^○^;)

 

外観は、ヤリスがスポーツ志向で、フィットはファミリーカーという感じですね。

 

で、両車のサイズを比較してみると・・・

 

全長はフィットが55mm長いですが、

ぱっと見のイメージ程ではなく、意外と差がありません。

 

ちなみに、私が現在乗っている2代目ヴィッツと比べると、

フィットとの差は 245mmなので、

ヤリスの全長が2代目ヴィッツより190mm長くなったという事ですね。

 

3代目ヴィッツの最終型とヤリスを比べると、

ヤリスになって全長が5mm短いだけで、

全長・全幅・全高ともにほぼ同サイズです。

 

車高は、見た目はフィットがかなり高く感じるのですが、

意外にも、実際のサイズは15mmしか違いません。

 

重量は、ヤリスの1.5L-2WDのXと、

フィットのBASIC-FFのガソリン車との比較で、

フィットが80kg重いのですが、

丁度、1tを挟んでいるので、

重量税が気になるところですが・・・

 

エコカー減税とのからみでちょっとややこしくて、

メーカーサイトを見ても良く判りません。(ー_ー;)

 

面白いのは、ホイールベース(車軸距離)がフィットの方が20mm短く、

トレッドもフィットの方がフロントで5mm、リアで10mm狭いのですが、

最小回転半径は逆に100mm大きいのです。

 

これは、ヤリスの方が前輪の切れ角が大きいという事ですね。

 

ちなみに、2代目ヴィッツのRSは、

インチアップのワイドタイヤを履いていて、

そのままではハンドルを切るとタイヤが当たるので、

ストッパーが付いていて、切れ角が小さくなったために、

最小回転半径がクラウンよりも大きくなりました!(爆)


さて、肝心の?フィットのラゲッジスペースのサイズですが・・・

何故か?

メーカーサイトやカタログを見ても、

ラゲッジスペースの数値が記載されていません!(−_−;)

 

fit.png

 

ここは、実車で確認するしかないですね。(−_−;)

 

【先代フィット】

last_fit.png

 

さて、先代フィットとの比較では、

全長と全幅はほぼ同じで、全高が10mm低くなりました。

 

・・・が・・・

 

ん〜・・・やっぱり先代の方がスポーティでカッコいいなぁ〜(^○^;)

 

【続く】

マイカー(ヴィッツ)を買い換える【1】

  • 2020.09.24 Thursday
  • 14:53

若い頃は、半年ごと位でクルマを買い換えていました・・・(^_^;)

 

学生時代は、軽のボロボロの中古車を自分で板金塗装整備して、

HONDA N−III、HONDA Zと乗り継ぎ、

就職してからは、就職先がトヨタ系ディーラーという事もあって、

新車で、TOYOTA カローラHT、セリカ、

ハイエース・ロングバン、カリーナHT(中古)。

 

結婚して、MAZDA ファミリア(5ドア)、

奥さん用に、HONDA シティ、HONDA シビック(3ドア)、

自分(家族)用に、TOYOTA カムリ(4ドア)、TOYOTA クラウン。

 

家族でキャンプに行くようになってTOYOTA エスティマ・エミーナ、

奥さん用にシビックをTOYOTA カローラ・ワゴンに乗り換え。

 

この辺りから、クルマを頻繁に買い換えるのを控えて、

10年以上乗る様になりました。

 

で、家族で出かけることが少なくなったので、

コンパクトで燃費が良いTOYOTA ヴィッツに乗り換えて、

自分用は現在に至ります。

 

奥さんのカローラ・ワゴンは、

新車から丸20年を目前にした昨年の年末、

交差点で一時停止を無視したクルマにぶつけられて廃車になり、

今年の2月に奥さん用にダイハツ ミラ・イースを購入しました。

 

私のヴィッツは、2006年購入なので15年目に入ったのですが、

流石にあちこちガタが出るようになりました。(^_^;)

 

特に、CVTですが、

道を間違えたりして、急いで切り返す様な時に、

リバースからドライブへ素早く切り替えてアクセルを踏んだ時に、

エンジンの回転が上がらずに、発進まで数秒のタイムラグが発生する事があります。(@_@;)

 

まぁ、滅多にないシチュエーションなんですが、

実際に発生すると、かなり焦ります!(^〇^;)

 

それと、ブレーキ・ディスクが限界なのか?

ABSが作動するほどではないと思って踏んだ急ブレーキで、

意図せずにABSが作動して、狙った減速が得られないことがあり、

こちらも、とっさの際に結構焦ります。(^_^;)

 

まぁ、そんなこんなで、

車検が切れる来年の2月までにはクルマを買い換えようと漫然と考えていたのですが・・・

 

65歳以上だと、サポカー補助金10万円が受けられるという事なので、

この種の補助金は、予算枠を使い切ると終わってしまうので、

早々にクルマを買い換えようと思い立ちました。o(^0^)o

 

奥さんのミラ・イースは、オプション・経費込みで100万円の予算でしたが、

今回は、オプション・経費込みで200万円にします。o(^0^)o

 

更に、今なら金利が安いので、

現金で買うよりは、マイカーローンを組んで、

その分を投資運用に回した方がお得です!(^○^;)

 

であれば、さっさとローン組んだ方が、

払い終わりが早くなるので、今買っちゃうことにしましたぁ〜!

 

で、どんな車を買おうかと考えたのですが、

元々、私は自動車工学短大卒で、

最初の就職先もトヨタ系ディラーだった事もあって、

自動車関係の友人知人が多いのですが、

この年齢になると、みんな定年退職済みで・・・(^_^;)

 

という事で、

どこのメーカー(ディラー)でも、

どこの営業所でも良いことになって、

逆に、車種を絞り込めななくなってしまいましたぁ〜(^○^;)

 

なので、取り敢えず?

ヴィッツの後継モデルにしようかと思ったら・・・

今年の2月にヤリスの登場でヴィッツは廃止?

 

というう事で、先ずはヤリスの現車を見に行ったのですが、

「レース用に開発したクルマを市販する」というコンセプトで造られたそうで・・・

 

エンジンは1.3Lが廃止され、1.0Lと1.5Lとハイブリッドの3種類で、

先代までは、1.0Lのみダイハツ製の3気筒エンジンだったのが、

ヤリスでは1.5Lも3気筒!(@_@;)

 

まぁ、4気筒を3気筒にするだけで、

メカニカルロス(機械抵抗)が20%は低減するかな?(^_^;)

 

ちなみに、市街地・郊外・高速道路・WLTCのどのモードでも、

1.0Lより1.5Lの方が燃費が良いので、

1.0Lを選択する理由は価格くらいしかありません。

(1.0Lと1.5Lでは、オートクルーズなどの装備が異なる分の価格差もあります)

 

1気筒当たりの排気量が増えて、

更に、ロングストローク化でトルクが増強されるだろうし、

空気抵抗が小さそうな車体デザインと、

Xグレードの1.5Lで1トン未満の990kgと車両重量も軽めなので、

高速域での加速も良さそうです。

 

yaris.png

 

一方で、スポーツタイプな?デザインになった分?

後席とラゲッジスペースが極狭です。

 

最近は家族4人で乗るのはお盆のお墓参りくらいですが、

それでも、4名乗車は厳しそうな上に、

翼長1200mmのラジコン飛行機がトランクに積めません〜!(T_T)

 

ただ、後席は乗った感じタイトで圧迫感が強いですが、

身長180cmの私の頭が天井に当たらなかったのは意外でした。(^_^;)

 

しかし、ラジコン機が横方向に積めないのは致命的で、ヤリスは却下ですぅ〜。(^○^;)

 

※.ちなみに、甥っ子がヤリスを買ったそうです。

 

【続く】

庭の藪を刈り取る【1】

  • 2020.09.23 Wednesday
  • 11:09

秋のお彼岸も過ぎて9月も下旬ですが、

お天気が良くて、部屋に陽が差し込んで来るせいか、

久々に朝から暑いですぅ〜(^○^;)

 

さて、電動ノコの使い勝手(限界?)が判った所で、

庭の藪を刈り取るためには、

色々な工具を使い分ける必要がありそうで・・・(^_^;)

 

更に、ゴミ出しの為に、枝を細かく切断する作業も必須なのですが、

藪の凄さを考えると、

ノコギリで1本1本切っていては、気が遠くなりますぅ〜(^○^;)

 

そこで、

友人がお気に入りだという、

ラチェット式の枝切バサミを注文しました。o(^0^)o

 

これなら、5cm以下の枝を「バチバチ」切断する事ができるので、

大量の枝を切るなら効率的です!\(^○^)/

 

で、枝切バサミもピンキリですが、

刃物は切れ味が命なので、

多少お高くても定評がある商品を選びたいです。

(替え刃式なら、刃だけ交換できますけど)

 

で、友人のお気に入りは「千吉」という商品シリーズで、

ラチェット式で切断50mmの商品で4千円弱と、

類似品と比べると1,000円(30%)程度お高いです。

 

【アマゾン】

amazon.png

【楽天市場】

楽天.png

 

・・・が・・・

 

何故か?

楽天市場のドラッグショップで安売りしてましたぁ〜!(^○^;)

送料別ですが、送料(660円)込みでも 3,522円!

 

このショップ、4,000円以上で送料無料なので、

1,549円(送料別)のラチェット剪定鋏も注文しました。

 

ちなみに、後で気づいたのですが・・・(^○^;)
このショップ、初回利用だと 1,500円以上で送料無料
(クーポンを発行して利用する必要があります)でしたぁ〜!(爆)
まぁ、でも、送料無料で 3,980円のショップと比べると、

都合、431円の差額で剪定鋏も買えた計算になるので良しとしましょう。o(^0^)o

 

爽快ドラッグ.png

 

何故して?ドラッグショップで?

たまたま安い商品を仕入れたのか?

とも思ったのですが、「千吉」の商品ラインアップが揃っているので、

園芸関係の商品に強いドラッグショップなのかも知れません。

 

【続く】

電動ノコギリを買う【3】

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 12:09

という事で?

替え刃が到着しました。o(^0^)o

 

200922_1.jpg

 

2,000円以上で送料無料となる商品なので、

5枚セット品(1,280円)を2セット購入しました。(^_^;)

 

200922_2.jpg

 

形状・サイズは、電動ノコに付属している刃とほぼ同じです。

 

200922_3.jpg

 

しかし、刃の形状が全然違います!(^○^;)

 

200922_4.jpg

 

で、切れ味ですが、

驚くほどスパっと切れるという訳ではありませんが、

流石に全然違いますぅ〜!\(^○^)/

 

 

実は、この動画では、

撮影のために左手にスマホを持っているので、

右手だけで電動ノコを持っています。

 

しかし、取説では、切断する対象を固定して、

電動ノコを両手で持って作業する様に記載されています。

 

確かに、右手だけで持った場合は、

バランス的に少々握りづらく、ノコの振動に手が負ける感じで、

必要以上に力も必要になって疲れます。

 

やはりコレは、説明書通りに両手で持って使う道具ですぅ〜。(^○^;)

 

そういう意味もあって、

径が2cmほどの枝よりも、

径が4〜5cmの幹の方が切りやすいです!

 

200922_5.jpg

 

しかし、この位の太さになると、

チェーンソーの方が楽で早いかも。(^○^;)

 

という事で、

手引きのノコ、剪定バサミ、チェーンソーなどと併用しながら、

使い分ける必要がありそうですぅ〜・・・((((^_^;)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png

空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

サンワサプライ

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM