Phantom4 捜索編【2】

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 18:39

墜落した Phantom4 は諦めて、

MAVIC 2 Zoom を購入した訳ですが・・・

 

気がかりなのは、

山中に、分解されて土に還る事のないドローンというゴミを廃棄してしまった事ですぅ〜(^_^;)

 

なので、

出来る限り、回収する努力はしてみようと・・・(^○^;)

勿論、万が一にでも、無事に回収できるに越したことがありませんが。(^○^;)

 

という事で、

墜落時の飛行記録を良ぉ〜く見て見ると・・・↓

 

190514_1.png

 

↑サクラ樹林は離陸地点から東側に広がっていて、

 墜落地点は、ほぼ真東に 223m の地点です。

 

で、今年、サクラ樹林を撮ろうとした3回の飛行記録を重ねてみると・・・↓

 

190514_2.png

 

↑私が想像していた位置関係と、大きく異なる事が判りました。(^○^;)

 

最初に行ったのは、

大沢林道の終点から沢に沿って谷を行って、

そこから左手の斜面を尾根近くまで登ったのですが、

そこは、サクラ樹林手前では無くて、

サクラ樹林のど真ん中で、

そこから南方向にフライトした訳ですぅ〜(^○^;)

 

で、2度目は、奥さんと探検した沢ですが・・・

1回目に行った沢を更に南方向に行って、

そこから東側に飛ばした事になります。

 

つまり、

1回目と2回目に行った、

大沢林道の先のルートは、

サクラ樹林通り過ぎていた訳ですぅ〜(^○^;)

 

という事は、

Phantom4 の墜落地点は、

大沢林道の終点に、かなり近い位置という事になります!o(^0^)o

 

3回の飛行ルートと、国土地理院の地図を重ねると、こんな具合です。↓

 

190514_3.png

 

でぇ〜、

墜落した翌日に、

大沢林道コースで、Phantom4の捜索を行いました。

 

ドローンを探す」のモニタ画面を見ながら、

墜落地点への最短距離

つまり、墜落位置が真横になる場所まで沢沿いに進んで、

そこから、墜落地点へ向かって真っすぐに進んでみました。

 

目の前は、急峻な斜面で、

そこを登って行くと、

その先は、あまりに急なので、

斜面に沿って回り込むように横に進みながら登って行ったのですが・・・

 

190514_4.jpg

 

木の枝に掴まっていても、ただ立っているのも厳しい斜面で、

眼下には沢が流れる谷底が見えて、

ここから滑落したら、命が危ない!

仮に、足をねん挫しただけでも、動けなくなって遭難してしまう・・・

 

そんな恐怖感で足がすくんで・・・

 

このコースは諦めて戻る事にしましたぁ〜(^○^;)

 

【続く】

Phantom4 捜索編【1】

  • 2019.05.12 Sunday
  • 20:22

 

突然、送信機のモニター画面がブラックアウトして、

信号強度が”0”となり、

英文で、何やら表示され・・・

 

RTHも反応しません〜(;_;)

 

DJI GOアプリの「ドローンを探す」機能を起動すると、

ほぼ真正面↓

 

190512_1.png

 

フライト記録を見ると、

223.4m先(ほぼ真東)の、47.7m下・・・↓

 

190512_2.png

 

離陸地点の展望台の前は、断崖の急斜面で、とても下りれそうも無いので、

どこか下に下りれそうな場所が無いか探して・・・↓

 

190512_3.jpg

 

↑実際には、写真で見るより、下へ行くほど急になっているのですが・・・(^_^;)

 

取り敢えず、送信機のモニターに「ドローンを探す」画面を出しっぱなしにして、

斜面を降りてみました。

 

斜面は、落ち葉に覆われていて、

木の枝につかまりながらでも、滑り落ちそうになりながら・・・(@_@;)

 

やがて、展望台の下の沢まで降りたのですが・・・

送信機モニタiPad mini2)が GPS信号 を受信できなくなって、

画面から消えてしまいましたぁ〜(;_;)

 

恐らく、この沢の向こうの斜面(山)の辺りだと思うのですが、

こんな原生林みたいな樹林起伏の山中で、

自位置が判らないのでは、すぐそばまで行っても見つからないでしょう。

 

たとえ、見つかったとしても、

ドローンを片手に持って、

今降りてきた斜面を登る事は不可能だと判断して、

引き返す事にしました。

 

・・・が・・・

 

下りるには何とか下りてきた斜面ですが、

登ろうとすると、シャレにならないほどキツイですぅ〜!(@_@;)

 

登っても登っても、斜面は続き・・・

息は切れて、心臓はバクバク、喉はカラカラ、

かみさんが心配して待っているだろうと、気持ちばかりが焦るのですが、

あ〜、もぉ、ダメかもしれない・・・」と、本気で思いましたぁ〜(^○^;)

 

・・・と、

やっと、登山者の鈴の音が聞こえてきて、

あ〜、ここまで来れば、いざとなったら大声を出せば助けて貰える!

と、

最後の気力を振り絞って、

何とか山道までたどり着きましたぁ〜(^○^;)

 

で、体力・気力も限界なので、

この日は、取り敢えず帰る事にしました。(^_^;)

 

【続く】

大峰山の山桜空撮【リベンジ編3】

  • 2019.05.11 Saturday
  • 10:06

 

昨年は、大峰山の山桜空撮ができずに、

今年こそはリベンジ?という事で、

大峰山に通った訳で・・・(^_^;)

 

1回目は、寺沢林道が桜まつり」で車両通行止めになる前に行こうと思い、

桜まつりの期間が始まる前日に行ったのですが、

既に通行止め!(;_;)

仕方が無いので、昨年、地元のおばちゃんに教えてもらった裏道?

大沢林道」に回って、

その先の沢沿いの山道を登り、

急斜面を登って尾根に出て、

Phantom4を飛ばしたのですが、

強風とバッテリー温度低下アラームで急遽帰還!(;_;)

大峰山の山桜

 

2回目は、奥さんと、大沢林道の先の沢を越えて、

その先の沢沿いの谷を登って、

谷底からPhantom4を飛ばしたのですが、

公式ホームページに掲載されている写真の様な「群生」している場所が分からず・・・(;_;)

大峰山の山桜【リベンジ編2】

 

でぇ〜、「リベンジ3」となる、今回が3回目!(笑)

 

今回は、桜まつり期間中ですが、

正攻法で、車両通行止めとなっている「寺沢林道」を歩いて、展望台へ向かいますぅ〜!o(^0^)o

 

林道は登山道入り口まで舗装されているので、

道なき道の沢沿いの山道を行くよりも楽かと思いきや・・・↓

 

190511_1.jpg

 

林道入口から、ずぅ〜っと、延々、上り坂が続きますぅ〜!(^○^;)

 

しかも、一歩道から外れれば、原生林?です!↓

 

190511_2.jpg

 

でぇ〜、

大きなS字カーブを登り切ると、

その先に、林道の終点、登山口のトイレが見えてきます!↓

 

190511_3.jpg

 

地元のおばちゃん曰く、

徒歩で40分と言われていた行程ですが、

休みなく歩き続けると、25分で到着しました!o(^0^)o

 

ここで、一休みした後に、

いよいよ登山道を登ります。↓

 

190511_4.jpg

 

最初に、別れ道があって、

この辺りにも桜が群生していますが、

倒れている桜も多いです。↓

 

190511_5.jpg

 

ここの別れ道は、左が「大沢林道」方面、右が「大峰山山頂」方面なので、

先ずは、右の道へ行きます。

 

程なく、吉平観音」のお堂の前を折れる感じで、斜面を登って行きます。

 

結構、息が切れる感じで登った先に「一本松尾根展望台」があります。↓

 

190511_6.jpg

 

登山口からここまで、20分と言われていましたが、

ここも、息が切れる感じで休みなく登ると、10分ほどで到着しました。(^○^;)

 

上の写真に写っているご婦人。

数年前に、丁度見頃の満開のサクラ樹林を見る事ができて、

それ以来、病みつきなって、毎年何回か訪れているそうですが、

丁度良いタイミングに来れるのは中々無いとの事ですぅ〜(^○^;)

 

でぇ〜、ここからの眺めが大峰山橡平サクラ樹林の最高のビューポイントらしいです。↓

 

190511_7.jpg

 

190511_8.jpg

 

という事で、

早速、Phantom4 を飛ばしたのですが、

これが、Phantom4 の最後のフライトになるとは・・・

 

下の動画は、送信機側、つまり、

モニターに使用している iPad mini2 に記録されていたモニター画像なので、

解像度が2K(1,920×1,080)ではなく、1,280×720 です。

 

烏帽子山の千本桜

  • 2019.05.04 Saturday
  • 09:59

 

奥さんが、昨年から行きたいと言っていた桜の名所の、

山形は赤湯温泉の「烏帽子山の千本桜」と、

福島は喜多方から檜原湖へ抜ける「桜峠」。

 

4月28日時点で、ネットの開花情報では、

烏帽子山が「散り始め」、

桜峠が「まだ蕾」でした。(^_^;)

 

という事で、翌日の4月29日、

赤湯温泉の「烏帽子山の千本桜」を観に行きました。o(^0^)o

 

予め、ネットの情報や、電子地図でザクっと確認したものの、

カーナビの案内通りに現地に着いたのですが、

どこにクルマを停めれば一番都合がよいのか?

良く解りません〜(^○^;)

 

でぇ〜、最初に目についた駐車場(空き地)、

協力金200円の有料ですが、

そこにいた女性に、

「この先にも駐車場がありますか?」と聞いたところ、

「突き当りを左に曲がったところに無料駐車場があります」との事。

 

でぇ〜、着いた空き地の脇に、登りの坂道があるので、

そこを登って行くと・・・↓

 

190429_01.jpg

 

ガードの上を電車が通って行きましたぁ〜(^○^;)↓

 

190429_02.jpg

 

で、「ハイキング道」と書かれた遊歩道的な道は桜並木になっていて、

ちょっと小高い丘の上から、赤湯の街並みが一望です。↓

 

190429_03.jpg

 

・・・が・・・

どぉ〜も、様子がおかしい?ので・・・

現地の人と思われる母娘連れの人に道を聞くと、

やっぱり、違う場所に来ていましたぁ〜!(^○^;)

 

でぇ〜、烏帽子山はあっちの山ぁ〜↓(笑)

 

190429_04.jpg

↑ここに駐車場が見えます。

 

という事で、

一旦、クルマに戻って、

来た道を戻って、烏帽子山の駐車場へ。(^_^;)

 

烏帽子山の駐車場は、段々になっていて、

一番手前が、最初に道を聞いた駐車場。

 

その脇の坂道を少し登ると、

1個目のすぐ裏に、一段高台になっている2個目の駐車場。

 

その上が、公園中央正面の駐車場ですが、

ここは、バスと身障者専用となっています。

 

でぇ〜、後で判ったのですが、

その先へ登ると、

烏帽子山「八幡神社」の境内で、

そこにも結構広ぉ〜い駐車場があります。(^○^;)

 

で、結局は、下から2段目の(上の写真に写っている)駐車場にクルマを停めると、

すぐ裏(山側)が段々の登り通路になっています。↓

 

190429_05.jpg

 

でぇ〜、奥さんが何やら遊歩道にしゃがんで、

道に落ちていたストローを拾って、

側溝の中を突いていますぅ〜!(爆)

 

何をしているのか?と覗いてみると・・・

 

あらまぁ〜、カナチョロ(ニホンカナヘビ)が、

可愛い目で「虐めないでよぉ〜!」と、こちらを見ていましたぁ〜!(^○^;)

奥さんの目の前を二匹、横切って行ったそうです。(笑)

 

190429_06.jpg

 

あちこちに「シャッターポイント」と書かれた立札が立っています。

主な木には名前が付いています。↓

これはなかなかの巨木・老木ですね。↓

 

190429_07.jpg

 

「千本桜」の証明?

桜の1本1本に番号札が付いています。↓

 

190429_08.jpg

 

烏帽子山自体の桜は散っていましたが、

隣接する「烏帽子山八幡神社」の裏山?の桜は、

まだまだ見ごたえがある開花状況です。

 

190429_09.jpg

 

190429_10.jpg

 

190429_11.jpg

 

190429_12.jpg

 

八幡神社の前を通って、遊歩道を東側に向かうと・・・

 

190429_13.jpg

 

「東正寺」へ登る階段の途中に出て、

そこから降りる石段沿いに、見事な「しだれ桜」が咲いてました。↓

 

190429_14.jpg

 

190429_15.jpg

 

190429_16.jpg

 

東正寺への石段は結構キツくて・・・(^_^;)

山歩きより足が疲れますぅ〜(^○^;)

 

でぇ〜、東正寺の墓地・・・というか、

小山を登って越えると、八幡神社の境内に出ました。

 

190429_17.jpg

 

この大鳥居は、八幡宮の裏山から切り出した石で作られているそうで、

継ぎ目のない1本石え造られた大鳥居としては日本一の大きさだそうです。↓

 

190429_18.jpg

 

こちらが本殿です。↓

 

190429_19.jpg

 

境内には、カラフル?な桜が・・・↓

 

190429_20.jpg

 

烏帽子山公園の正面入り口?の脇の桜の向こうに、

真っ白い飯豊連峰が見えました。↓

 

190429_21.jpg

 

でぇ〜、空撮動画ですが・・・

 

何故か、八幡宮の前辺り、

距離で250mほどしか離れておらず、障害物も無いのに?

突然、モニタ画面が消えて、信号が消失して、

自動帰還(RTH)が起動しましたぁ〜!(@_@;)

 

何かの混信でもあったのでしょうかねぇ〜(^_^;)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

アクセス数

   
本日  昨日

おいらのりろんぶつりがく講座.png
第41回:見た目の光源の軌跡【v=2c】
空撮の部屋.png
ラジコン飛行場.png
Yahooショッピング

Amazon

独自ドメイン取得

格安レンタルサーバー

ブログ作成

アフィリエイト

楽天ブックス

楽天ポイント

インターネット

お気に入りブログのリンク

関連リンク

最近の記事

海外通販リンク

Assault 450 Rudder Servo
VWINRC_MG90D.jpg
UP AIR ONE (Banggood)
up_air_one.png
Eachine TS5828S (Banggood)
ts5858s.png
EMAX ES09MD (Banggood)
es09md.jpg
EMAX ES08MA (Banggood)
emax_es08ma.jpg
Mobius Action Camera (Banggood)
mobius_action_camera.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM